韓国シースルーバングが似合う人&切り方や作り方やセットのコツ!巻き方とアレンジも紹介

はじめに

「シースルーバング」は韓国で人気の前髪で、日本の有名芸能人も続々と取り入れていますが実は作り方は意外と簡単です。

 

今回はシースルーバングの特徴や似合う人、切り方や作り方やセットのコツ3つ、巻き方とアレンジも紹介します。

シースルーバングの特徴

 

 

「シースルーバング」という言葉を聞いたことはありますか?

 

シースルーバングとは、おでこが見えるほど薄く、束感のある前髪のことです。

 

シースルーバングを取り入れるだけで女の子らしさをグンとUPすることができるんですよ。「今の髪型に飽きた」「マンネリ感を感じる」という人にもおすすめです。

 

 

また、シースルーバングなら、簡単にスピーディーにイメチェンすることができちゃうので、オシャレな女の子から絶大な支持を得ています。

 

「モテるようになった」「よく話しかけられるようになった」など、シースルーバングを取り入れたら周りの反応が変わったという人がめちゃくちゃ多いんです。

 

 

シースルーバングが似合う人とは

 

 

「シースルーバングをやってみたいけど、似合うか分からない…」そう思うこともあるかもしれません。

 

シースルーバングには似合う人のタイプは2つです。そこで、シースルーバングが似合う人のタイプを簡単にご紹介します。

 

 

丸顔

 

1つ目は丸顔タイプです。

 

丸顔は日本人に多いまんまるな顔で、横と縦の長さが同程度だと言われています。

 

丸顔にシースルーバングを取り入れれば、透明感がUP!それに加えて、雰囲気も柔らかくしてくれます。デメリットはほとんどなく、良いことばかりなんです。

 

一方で、丸顔だとぱっつん前髪は似合いにくいです。なぜなら、雰囲気が重くなりすぎてしまうからです。また、顔が大きく見えてしまうことも…。

 

 

逆三角形タイプ

 

2つ目は逆三角形タイプの顔です。

 

その名のとおり、顔全体が逆三角形のような形をしています。額の横幅が広く、顎がシュッと尖っています。顎が尖りすぎている場合は、シャクれていると思われることもあるようです。

 

逆三角形タイプはシースルーバングとの相性抜群です。額の横幅を目立たなくさせ、柔らかさと明るさをプラスしてくれます。

 

シースルーバングを取り入れれば、きっとポジティブな明るいオーラを出せるはずです。

 

 

シースルーバングは芸能人にも大人気 

1 / 4

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す