NCTのサセン問題は多い?少ない?過去の事例5選・メンバーや事務所の対応も総まとめ

はじめに

韓国アイドルグループとして世界的人気を誇るNCTですが、昨今のサセン問題はNCTも例外ではありません。


今回はNCTメンバーが実際に被害に遭っているサセンの事例、NCTにはサセンが多いのか少ないのかをお届けします。

サセン問題とは 【NCTも過激なサセンの被害に遭っている】

 

出典:https://tower.jp/

 

韓国アイドルの悩みのタネの1つが、サセン問題です。


「サセン」とは、韓国アイドルや芸能人のプライベートを追いかけ回し、迷惑行為や犯罪行為をするストーカーのことです。

 

韓国語で「私生活(サセンファル)」を追い回すファン、という意味でこう呼ばれるようになりました。

 

サセンは韓国アイドルの自宅への突撃、宿泊先ホテルへの侵入、空港での出待ちや尾行、飛行機の同乗、仕事現場での待ち伏せなど、プライベートな時間を侵害する行為を行なっています。

 

現在、韓国芸能界全体でサセンによるストーカー行為が大きな問題になっていて、NCTも多数の被害事例が報告されています。

 

 

 

サセン事例:NCTの事例① 天井から盗撮

 

出典:https://ameblo.jp/

 

NCTのサセン問題で最近大きな話題となったのが、天井からの盗撮事件です。

 

2020年11月6日、NCTメンバーがソウル江南区のピザエクスプレスというピザ屋でTwitterBlueroom LIVEでの生配信を行いました。

 

その時、生配信の現場に忍び込んでいたサセンにより撮影された写真が、Twitterで出回ります。

 

その写真のどれもが天井からのアングルで撮られたものだったことで、ファンの間で「天井に忍び込んだの?」「写真のアングルが怖すぎる」と物議を醸しました。

 

その写真がこちらです。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

写真を見ると、確かにNCTメンバーの頭の上から撮られた写真で、サセンがメンバーに近付きたいあまり天井に忍び込んだのでは?と議論を巻き起こりました。

 

 

サセンはどうやって天井からのアングルで盗撮した?

 

NCTメンバーが生配信を行なったピザ屋・ピザエクスプレスは、ソウルの江南にあるフォトジェニックなピザ屋です。

 

外観も内装も可愛らしさ溢れるオシャレなデザインで、ピザの形のネオンサインやカラフルなベンチなど、インスタ映え間違いなしの人気スポットとして知られています。

 

 

出典:https://bilsang.com/

 

実はこの店は地下に店舗があり、外から自然光を取り入れるために天井に窓がある設計となっていました。


そのため、サセンは天井に忍び込んだのではなく、天井付近の窓から覗き込んで撮影をしたと考えられます。

 

店舗の天井に忍び込むのは不法侵入という明確な犯罪行為ですが、そのような行為を犯してもおかしくないと思われるほどサセンの盗撮行為は常態化してしまっています。

 

 

 

サセン事例:NCTの事例② 宿舎前に集団で張り込み

 

出典:https://www.ellegirl.jp/

 

NCTのサセン問題で大きな話題となったのが、宿舎前の張り込みです。


NCTメンバーが住む宿舎前に、サセンが20人以上の集団で張り込みを行い、その様子が写真で拡散されたことで大きな問題となりました。

 

その写真がこちらです。

 

 

出典:https://daebak.tokyo/

 

掲載された写真には、NCTの宿舎の前に集まったサセンと見られる女性が20〜30人ほど写っており、皆一様にスマホやカメラを手にし、同じ方向を見ています。

 

視線の先にはNCTの宿舎があり、外から宿舎を監視して何かしら動きがないかを見ているのです。

 

また、電動キックボードを持っているサセンもおり、NCTのメンバーが宿舎から出てきた際にはそれに乗って彼らを追いかけて行くというのがサセンの手口です。

 

日々の生活を送る宿舎という、完全プライベートな場に20人以上ものサセンが集まり、監視や尾行するというのは、メンバーにとってどれほどの恐怖なのか想像に難くありません。

 

 

メンバーがサセン行為を止めるよう呼びかける

NCTのメンバーは宿舎前の張り込みについて、VLIVEを通じて止めるよう呼びかけています。

 

テヨンは「サセンが本当に不快です。宿舎前にもサセンがいます。メンバーも本当に迷惑していますし、1日がすごく嫌になります。大きすぎる愛は僕たちには負担」と語りかけました。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

ヘチャンも「多い時には20人くらいいる。その20人のせいで、僕たちを素敵な心で応援してくれる方々の気持ちまで間違って受けとめてしまいそうになる」と悲痛な心情を明かしました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

近隣住民からの苦情も多数寄せられているようです。

 

心穏やかに過ごせるはずの宿舎が常に監視状態にあるだけでなく、ただそこに住んでいるだけの一般の人々にも迷惑をかけていることにも心を痛めていることが窺えます。

 

所属事務所SMエンタの対応

 

NCTの宿舎前にサセンが集団で張り込んでいる写真がネット上に出回ると、彼らの所属事務所SMエンターテインメントが迷惑行為を止めるよう呼びかける声明を発表しました。

 

SMエンターテインメントは「所属アーティストに対する過度なプライバシー侵害行為は犯罪行為にあたる」として法的措置を取ることを宣言しました。

 

 

 

サセン事例:NCTの事例③ 空港でのつきまとい

 

出典:http://osen.mt.co.kr/

 

NCTはもちろんのこと、多数の韓国アイドルが悩まされるのが空港でのつきまとい行為です。

 

以下は、NCTのサセン問題の中でも特にファンの間で有名になっている動画です。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

動画には空港で移動中のNCTメンバーが映されており、突然サセンと見られる女性がメンバーに向かって突進していく様子が収められています。

 

警備スタッフがガードしたことでメンバーに身体的な被害はなかったものの、突然知らない人から突進されたメンバー達はどれほど驚いたことでしょうか。

 

怪我につながりかねない事例に、ファンからは空港での過度なつきまといを止めるよう抗議の声が多数挙がりました。

 

サセン殺到でメンバーが転倒

 

上記の動画では突進してくるサセンを警備スタッフが止めたことで大事には至りませんでしたが、別の日にはサセンが殺到し、WayVのテンが転倒する事態になったことが判明しています。

 

WayVのメンバーがスケジュールを終えて金浦空港に到着したところ、少しでもメンバーに近付こうとするサセンの波に揉まれて、車に乗る前にテンが転倒したと言われています。

 

テンは転倒後に頭を押さえていたようで、一歩間違えれば大きな怪我を負っていたかもしれません。


空港でのつきまとい行為に対して、徹底した対策がとられることを願うばかりです。

 

 

 

サセン事例:NCTの事例④ ホテルに侵入し火災報知器を鳴らす

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す