SUPER JUNIORイトゥクの父・母・姉など家族まとめ!父親はうつ病で自殺

はじめに

韓国のアイドルグループ「SUPER JUNIOR」のリーダーで人気メンバーのイトゥクさんですが、家族が壮絶だと話題です。

 

今回はSUPER JUNIORイトゥクさんの家族について、うつ病だった父、母や姉をまとめました。

SUPER JUNIOR・イトゥクのプロフィール

 

 

名前:イトゥク

本名:パク・ジョンス

生年月日:1983年7月1日

出身地:韓国 ソウル特別市

身長:178cm

概要:SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のリーダー。2005年11月に韓国のSMエンターテインメントよりデビューした。

 

 

イトゥクさんは韓国の歌手・タレントです。男性アイドルグループ「SUPER JUNIOR(スーパージュニア)」のメンバーでリーダーを務めています。

 

身長は178cm・体重が59kg。グループ内でもスタイル抜群のリーダーとして女性たちから絶大な支持と厚い信頼を得ています。

 

 

所属する芸能事務所は韓国のSMエンターテインメントです。この事務所にはSUPER JUNIORをはじめ、トップスターと呼ばれる有名芸能人が多数所属しています。

 

SUPER JUNIORのメンバーとしてデビューすることになったきっかけは現事務所スタッフからのスカウトです。

 

姉と一緒にミョンドンに来ていたところをスカウトされ、オーディションに合格。SMエンターテインメントの練習生となっています。

 

 

実はデビュー前から芸能活動を行っていたイトゥクさん。例えば、2000年にはドラマ「イヴのすべて」にエキストラとして、2002年にはペプシコーラの広告モデルを務めています。

 

2005年にはSUPER JUNIORのメンバーとしてデビュー。2005年11月に韓国の音楽番組で初披露した「Twins」がデビュー作となりました。

 

 

2007年4月には交通事故の被害に遭ってしまったことは有名です。

 

怪我自体は軽傷でしたが、ガラスの破片が背中と目の上に刺さってしまったため、170針以上の処置を要したことが明かされています。

 

 

出演するバラエティ番組では、MCを務めることが多いイトゥクさん。これはグループ内でもトーク能力が高いためです。

 

そんなイトゥクさんの特技の1つは、ピアノ演奏です。幼少期からピアノを習っていたため、ピアノの演奏能力はかなり高いと言われています。

 

 

SUPER JUNIOR・イトゥクの家族① 壮絶な家庭環境

 

 

韓国はもちろん、日本でも人気が高いイトゥクさんですが、一部では「家族が壮絶」と噂になっているようです。この噂は本当なのでしょうか。

 

 

幼い頃から暴力を受け続けていた

イトゥクさんの「家族が壮絶だった」という噂は事実です。本人がインタビューで明かしているので、間違いありません。

 

実はイトゥクさんは、幼い頃から日常的にお父さんから暴力を受け続けていたとのことで、お母さんも暴力を受けていたことが明かされています。

 

だから、イトゥクさんの家庭では毎日、両親の喧嘩が絶えなかったのだとか…。

 

幼少期からずっと複雑な家庭環境で育ってきたこともあり、「かなりのストレスを抱えていた」とインタビューで語っています。

 

また、お父さんに対しては「怖かった。嫌いだった。」とコメントしています。

 

最終的にはイトゥクさんの両親は離婚し、お父さんとは離れることになったそうです。

 

 

デビュー前は不安の中で生活していた

SUPER JUNIORのメンバーとしてデビューするまでの5年間を、練習生として過ごしているイトゥクさん。

 

練習生時代は「自分はなぜ、こんなにも不幸なのか」「お金持ちの家だったら、どんなに良かったか」など、常に不安の中で生活していたことを告白しています。

 

 

SUPER JUNIOR・イトゥクの家族② 父親はうつ病で自殺

HARYUトップページに戻る

記事に関連するタグ

関連する記事

記事へのコメント

前後の記事

検索

人気のキーワードから探す