扇風機おばさん

扇風機おばさん死亡~整形前の昔と現在の顔写真&死因や高須クリニックとの関係を総まとめ

2012年に初めて番組でその姿を晒し、度重なる整形で顔が膨らみ「扇風機おばさん」と呼ばれた韓国女性ハン・ヘギョンさんが2018年12月15日に死亡しました。

 

扇風機おばさんの整形前の昔の元の顔から現在までの顔の変化、高須クリニック院長・高須克弥さんとの関係、そして死因などを総まとめしました。

「扇風機おばさん」ハン・ヘギョンとは

ハン・ヘギョンが「扇風機おばさん」と呼ばれた理由

美容整形大国・韓国の最大の闇「扇風機おばさん」

「扇風機おばさん」という言葉を初めて聞いた人は扇風機マニアのおばさんかと思ってしまうかもしれませんが、100回以上に渡り闇医者の手で美容整形が繰り返され、扇風機で煽られたかのように膨れ上がってしまった顔を持つ韓国人女性、ハン・ヘギョンさんのことを言います。

 

ハン・ヘギョンさんは”美”に固執しすぎるあまり100回以上の度重なる美容整形に手を出してしまいますが、医師免許を持っているクリニックには行かず、知人の紹介で知った個人宅を訪問して施術を行う”ヤミ医者”を利用してしまいました。

 

ヤミ医者はハン・ヘギョンさんの顔にシリコンを注入し、顎に直接大豆油やパラフィン、工業用シリコンなどを入れるような無謀な施術を繰り返しました。

 

そして、ハン・ヘギョンさんはお金をかけたくないことから、今度は自らの手で工業用シリコンの注射などをするようになってしまいました。

 

ハン・ヘギョンさんの顔の内部にはこうした異物が溜まっていき、上の画像のようにパンパンに膨れ上がった状態になってしまい、2004年に韓国で放送されたSBS系の番組『世の中にこんなこと』に出演して世間を驚かせ、「扇風機おばさん」というあだ名で呼ばれるようになりました。

 

しかし、世間をさらに驚かせたのはハン・ヘギョンさんは整形前の顔が非常に美人だったということです。

 

 

 

「扇風機おばさん」ハン・ヘギョンの整形前の写真~昔は美人だった

 

人に羨望の目で見られるほど美人だった扇風機おばさん

ハン・ヘギョンさんは左の画像のように、整形前はモデルのように美しく、整形の必要性が皆無のように思えますが、自分の容姿に満足しておらず幻聴を聞くほど「より美しくなりたい」という願望に勝てなくなってしまいます。

 

ハン・ヘギョンは若い頃から歌が大好きだったことから歌手を目指しており、「美しくて誰からも愛される歌手になりたい」という強い願望がありました。

 

元々の顔も十分美人だったものの歌手として売れずに焦った結果、”完璧な美”を求めて美容整形に手を出したハン・ヘギョンさんですが、ヤミ医者に頼ったのが全ての不幸の始まりでした。

 

 

整形前の若い頃のハン・ヘギョン

元々の顔でも歌手として十分売れるレベルの美人だと思いますが、ハン・ヘギョンさんが目指していたのは”圧倒的な美人”だったのでしょう。

 

 

18歳の頃にレコードデビューをしたハン・ヘギョン

ハン・ヘギョンさんは整形前に持ち前の美貌と歌唱力で18歳の頃にレコードデビューをしました。

 

 

歌手として売れなかったハン・ヘギョン

ハン・ヘギョンさんは歌手として大成することが無かったことが「誰からも愛される美貌が欲しい」という思いを強くしていったのかもしれません。

 

それでは、ハン・ヘギョンさんがなぜ過度な整形に頼るようになってしまったのか詳しくご紹介しましょう。

 

 

 

「扇風機おばさん」ハン・ヘギョンが整形した経緯~歐陽菲菲に憧れて日本へ

 

歐陽菲菲に憧れて大阪に住んでいたハン・ヘギョン

韓国では歌手として売れなかったハン・ヘギョンさんは30歳の頃に日本でブレークしていた歌手・歐陽菲菲さんに憧れて来日し、大阪府大阪市生野区鶴橋に8年間住んでいました。

 

生野区は日本で最も在日韓国人・朝鮮人が多い町として知られていますが、ハン・ヘギョンさんは日本で歌手として成功することを夢見て大阪のクラブで歌手として働き始めました。

 

しばらくはクラブで人気を博していたハン・ヘギョンさんでしたが、スカウトされることなく全国区でのプロ歌手への道には大きな壁が有り、次第に大阪でも飽きられ始めて仕事を失い始めます。

 

ハン・ヘギョンさんは歌手の夢が遠のくようで次第に焦り始め、精神的にも追い詰められた時に幻聴を聞くようになります。

 

「なんて醜い顔だ」

 

「整形なんて皆やってる」

 

「顔が悪いから歌手になれないんだ」

 

こうした幻聴に苛まれるになったハン・ヘギョンさんは整形手術を渇望するようになり、保険証を持っていなかったことから知人の紹介を通して何人かも分からない医師免許を持たないヤミ医者に頼ってしまいます。

 

ハン・ヘギョンさんは20代の頃にも韓国で整形の経験があり、整形に対する抵抗感は無かったそうです。

 

 

「扇風機おばさん」ハン・ヘギョンは”エラ”がコンプレックスだった

ハン・ヘギョンはエラを隠していた

ハン・ヘギョンさんは韓国人特有のエラに強いコンプレックスを抱いていました。

 

ハン・ヘギョンさんは紹介されたヤミ医者に、頬に液体状シリコンを注入して膨らませればエラが目立たなくなると言われ、クラブで貯めたお金もあったため言われるままにめちゃくちゃな整形手術に踏み切ってしまいました。

 

幻聴を聞くほど精神的に病んでいたハン・ヘギョンさんは、整形をして望んだ容姿を手に入れるということよりも、”整形をしている”という事実だけに安心するようになり、シリコン注射中毒になっていきました。

 

実際に、シリコン注射をするとハン・ヘギョンさんは精神状態が良くなり、幻聴も聞こえなくなったため、1回の注射で30万円という法外な値段だったにも関わらず周りが見えなくなりのめり込んでいきました。

 

ハン・ヘギョンさんが勤めていたスナックの月収が1回のシリコン注射に消えてましたが、クラブで貯めた1800万円を失ってもやめることはありませんでした。

 

ハン・ヘギョンさんはシリコン注射でエラが目立たなくなっていると信じ込んでいました。

 

 

「扇風機おばさん」ハン・ヘギョンは売春を強要される

顔が膨れ始めたハン・ヘギョンは売春を強要された

顔にシリコンを注射しすぎて顔がおたふくのようにパンパンに晴れ上がったハン・ヘギョンさんは、それでは客が取れないとスナックのママから客と売春をするように強要されるようになります。

 

当時、ハン・ヘギョンさんは松下令順さんという当時79歳の女性の家に居候をさせてもらっていましたが、シリコン注射に手を出すたびに止められていました。

 

しかし、ハン・ヘギョンさんは精神安定剤のようにシリコン注射を頼り続け、最終的にはヤミ医者を介さずにシリコン注射を手に入れて自分で打つようになっていきました。

 

売春でお金を稼いではシリコン注射を打つということを繰り返し続けたハン・ヘギョンさんは、シリコンだけでは足らずに大豆油を代用して顔に注射し始めました。

 

 

 

「扇風機おばさん」ハン・ヘギョンの整形後~顔は腫瘍で膨れ上がった

 

顔に異物の注射をし続けた結果、顔に大きな腫瘍が出来始めた

シリコンのみならず大豆油を打ち続けたハン・ヘギョンさんの顔はついに命に危険が及ぶほど顔が腫瘍で膨れ上がってしまいます。

 

2004年に番組『世の中にこんなこと』に出演したハン・ヘギョンさんは、「扇風機おばさん」と呼ばれて世間の同情を集め、全国から異物除去手術費用として寄付が集まってきました。

 

そして、2004年からハン・ヘギョンさんは17回に及ぶ異物除去手術をすることになります。

 

ハン・ヘギョンさんの顔の内部に溜まった異物は大部分は除去することに成功しましたが、全ては除去できなかったため目を圧迫するほどまぶたが腫れて視界が極端に狭まってしまいました。

 

 

「扇風機おばさん」ハン・ヘギョンが日本の番組に出演

顔や頭部に残っている異物を完全に除去するために高須克弥が立ち上がった

ハン・ヘギョンさんは2012年1月に放送されたバラエティ番組『ザ・ベストハウス123(フジテレビ系)』に出演して「扇風機おばさん人生再生SP」として紹介されました。

 

日本ではバラエティ番組『世界仰天ニュース(日本テレビ系)』で何度か「扇風機おばさん」について小出しに紹介されていましたが、『ザ・ベストハウス123』で初めて特集として紹介されていました。

 

番組ではここまでご紹介してきたようなハン・ヘギョンさんが「扇風機おばさん」と呼ばれるようになるまでの経緯と、韓国での異物除去手術により劇的に改善し、生活がしやすくなった感動エピソードが紹介されていました。

 

しかし、この番組を「見世物小屋」だと感じた視聴者は少なくなかったようで、「Yahoo!知恵袋」では以下のようなやり取りがされていました。

 

Q. MCやゲスト出演者、パネラー全員でヘギョンさんをもてはやし、
歯の浮く様なお世辞を言い、周りは大喜びで盛り上がっていますが・・・
局側は視聴率、主治医の高須クリニックはコマーシャル効果絶大。
ヘギョンさん自身は無償での再生大手術が受けられるメリット。

さて、視聴者である皆様は、この番組をどの様な思い観ておられますか?

A. 可哀相、可哀相、良かったねを押し出し、高須クーリニッ♪は凄い、
そしてテレビ局は弱者に優しいをアピールした番組です。

 

引用:Yahoo!知恵袋 – ★ 扇風機おばさん奇跡の人生再生手術完全中継

 

番組が見世物小屋のようになってしまうのはしょうがないと思いますが、高須克弥さんはこのままではハン・ヘギョンさんの命が危ないと指摘して異物除去手術に名乗りをあげます。

 

 

 

「扇風機おばさん」ハン・ヘギョンの異物除去手術を高須克弥が請け負う

 

顔や頭部に残っている異物を完全に除去するために高須克弥が立ち上がった

ハン・ヘギョンさんの顔はだいぶすっきりとしたものの、まだ顔や頭部には異物が残っており、美容整形外科の権威である高須クリニック院長の高須克弥さんは「このままでは頭部の皮膚がミイラ化してしまう恐れがある」ということで異物除去手術に乗り出しました。

 

高須克弥さんがハン・ヘギョンさんの異物除去手術を請け負ったのは、韓国の整形業界と密接な関係にあったからでもあり、近年韓国が美容整形大国になったのも高須克弥さんが現地の医師に指導したからでした。

 

高須克弥さんはハン・ヘギョンさんの顔や頭部に残っていた異物をチェックすると、なんと注入されていた工業用オイルは模型用に使われるギアオイルであることが分かりました。

 

これによってハン・ヘギョンさんの頭部の繊維が石灰化を起こし、ミイラ化してしまう可能性があったため、高須克弥さんは昭和大学の形成外科眼科美容外科のボランティア医師たちとのスペシャルチームを結成して異物除去手術を行いました。

 

顔と頭部に残っていた模型用ギアオイルなど約240gの除去に成功し、ハン・ヘギョンさんは狭まっていた視界も改善して劇的に生活がしやすくなりました。

 

高須克弥さんとスペシャルチームの手術光景は2018年12月19日に放送された番組『とくダネ!(フジテレビ系)』で特集されていました。

 

 

 

「扇風機おばさん」ハン・ヘギョンの手術後~ソウルの教会で働き始めた

 

手術を終え、ハン・ヘギョンはソウルの教会で働き始めた

ハン・ヘギョンさんは高須克弥さんらによる手術により劇的に改善すると、韓国ソウルに戻って教会の売店でボランティアとして働き始めました。

 

2016年9月に放送されたバラエティ番組『訂正させて下さい~人生を狂わせたスキャンダル~(フジテレビ系)』で、番組スタッフがその後のハン・ヘギョンさんの様子を取材するためにソウル郊外にあるノクサン教会に赴きました。

 

朝からハン・ヘギョンさんが教会の売店に出勤してくるところを出待ちしていましたが、番組に協力してくれた現地のコーディネーターから「ハン・ヘギョンさんは顔は劇的に改善したが、心の方はまだ不安定なので始めに日本で放送していいかを聞いて取材してください」と念押しをされました。

 

そこにハン・ヘギョンさんが出勤してきたため番組スタッフは取材を敢行しますが、以下のようなやり取りがありました。

 

スタッフ「あなたが扇風機おばさんですか?」

扇風機おばさん「あ、はい。そうです。」

スタッフ「随分、見た目変わりましたよね?」

扇風機おばさん「ええ、そうですね。 日本のテレビに出たのは4年も前なので見た目はかなり変わったと思います。」

スタッフ「当時のお写真をお持ちしたんですけど…(写真を手渡す)」

扇風機おばさん「本当に恥ずかしい思いです。ひど過ぎますね。」

スタッフ「今回ですね、現在のヘギョンさんのお顔を日本でテレビを見ている方達に公開出来ればなぁと思っているんですけど、いかがですか?」

扇風機おばさん「んー。」

スタッフ「日本で何回かテレビに出られたと思うんですけど、心配している方も沢山いらっしゃるので…」

扇風機おばさん「分かりました。大丈夫です。」

 

引用:カデンティティ – 【2018年版】扇風機おばさんの由来と最新画像を徹底紹介

 

上記のやり取りの後に、ハン・ヘギョンさんから姿を公開することに了承を得た番組はその姿を紹介しました。

 

 

番組出演を承諾したハン・ヘギョン

ハン・ヘギョンさんは番組『訂正させて下さい~人生を狂わせたスキャンダル~』へVTR出演して、手術前からどのように変わったのかを明かしました。

 

ハン・ヘギョンさんはソウル郊外に一人暮らしをしており、教会の売店はボランティアのため生活保護給付金で過ごしていました。

 

 

公共機関にも乗れるようになったハン・ヘギョン

ハン・ヘギョンさんは異物除去手術前の「扇風機おばさん」の頃は街を歩くと道行く人にぎょっとした顔で見られ、時にはいきなり殴られるなど酷い差別も受けていたため外に出られなくなりましたが、術後は電車など公共機関にも乗れるようになったことを明かしました。

 

ようやく人間らしい生活を取り戻したハン・ヘギョンさんでしたが、それからわずか4年後の2018年に突然亡くなってしまいました。

 

 

 

「扇風機おばさん」現在~ハン・ヘギョンの訃報が報じられる…死因とは

 

2018年12月15日に突然訃報が伝えられた

2018年12月15日に亡くなっていたことが同月18日に日本の各メディアで伝えられ、ネット上では執刀した高須克弥さんを始め多くの人が追悼のコメントをツイッターで投稿していました。

 

しかし、ハン・ヘギョンさんの訃報を伝えた多くのメディアの中で、18日に放送されたニュース番組『news zero(日本テレビ系)』でも報じられましたが、問題のある報道の仕方に高須克弥さんを始めネット上で物議をかもしていました。

 

この突然の訃報に、手術を担当した高須氏は18日にツイッターを更新。自身が浄土真宗僧侶でもあることから、「南無阿弥陀仏」と追悼していたが、同日放送された『news zero』(日本テレビ系)では、ヘギョンさんの訃報を報じ、「整形を始めたきっかけは日本」と説明。ヘギョンさんが歌手を目指して日本各地のクラブを転々としていた際、闇医者に整形を依頼したことを紹介していた。

 

 これに対し、高須氏は「扇風機おばさん、日本には何の責任もありません」としつつ、「僕が昭和大学の形成外科眼科美容外科の混成チームボランティアで大量に注入されて容貌と視力を阻害していた物質を除去する手術を行い生活できるようにしてあげだたけです」と、反論。また、当時について「扇風機おばさんは僕とカラオケが大好きでした。僕に感謝していました」と振り返っていた。

 

引用:@niftyニュース – 韓国の「扇風機おばさん」死去 高須克弥院長が日本テレビ系『news zero』報道に反論

 

『news zero』ではハン・ヘギョンさんが日本に渡ってヤミ医者の手で整形手術が行われ、その影響で死亡したと取られかねない報じ方をしたため、高須克弥さん以外にもネット上で批判の声が相次いでいました。

 

 

ハン・ヘギョンさんの詳しい死因については触れられませんでしたが、ハン・ヘギョンさんの姉の夫の話によれば韓国の医師の検死の結果、顔の異物が体を通って肺に流れ込み肺機能が失われていたためだとされています。

 

日本の医師の見解では顔の異物が肺に流れることは無いと言っているようですが、模型用ギアオイルなどが肺に流れ込んだのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

扇風機おばさんについて総まとめすると・・・

「扇風機おばさん」として注目を集め、2018年末に死去してしまったハン・ヘギョンさんの過酷な人生について総まとめしてきました。

 

・ハン・ヘギョンは整形前は美形だったが、整形に取り憑かれて「扇風機おばさん」になった。

・ハン・ヘギョンは高須克弥に救われたが4年後に死去した…死因は顔の異物が肺に流れ込んだことと噂されている

 

元々が美人だっただけにハン・ヘギョンさんは高望みして美容整形に手を出してしまいましたが、ヤミ医者の問題は現在進行形で続いているようです。

 

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

T-araの整形を昔~現在の画像で比較検証!ウンジョン・ヒョミン・ジヨン・キュリ・ボラム・ソヨン

韓国の美容皮膚科おすすめ人気ランキングTOP10!選び方4つ・得意施術や日本人スタッフの有無も紹介

AOAの整形を昔の顔画像で検証!ジミン・ユナ・ヘジョン・ミナ・ソリョン・チャンミ

PRISTINの整形を昔の顔画像で検証!ナヨン・ロア・ユハ・ウヌ・レナ・キョルギョン・イェハナ・ソンヨン・シヨン・カイラ

Secretメンバーの整形を昔の顔画像で検証!ハナ・ヒョソン・ジウン・ソナ

KARAメンバーの整形を昔の顔画像で検証!ギリ・スンヨン・ハラ・ヨンジ・ニコル・ジヨン

チェ・ホンマン

チェホンマンは整形?若い頃と現在の顔画像を検証!本人の証言も紹介

fromis_9の整形を昔の顔画像で検証!セロム・ハヨン・ギュリ・ジウォン・ジソン・ソヨン・チェヨン・ナギョン・ジホン

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

キムヒョンジュンの鼻など顔の整形を昔~現在の画像で比較検証!最新情報も紹介

PSY(サイ)の現在と死亡説!江南スタイルが日本で流行らなかった理由も総まとめ

岩城滉一

岩城滉一は在日韓国人!本名と生い立ち~実家と家族も総まとめ

山上愛の現在!韓国との関係や韓国人の噂・韓国語レベルなど総まとめ

キム・ナムジュ

キムナムジュの夫と子供情報!性格や現在~キムスンウとの結婚も総まとめ

ソヒョン

少女時代ソヒョンの現在!脱退騒動の理由~最近の様子まとめ

ENHYPENメンバー7人の整形疑惑を顔画像で検証!ジョンウォン/ソヌ/ニキ/ジェイク/ヒスン/ソンフン/ジェイ

大島優子

大島優子は韓国ハーフ?クォーター?本名や生い立ち~実家と家族まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

ヒチョル(SJ)とモモ(TWICE)の熱愛報道!噂のきっかけと真相・業界の事情など裏話も紹介

モモ高校

TWICEモモの本名と過去&出身高校や性格まとめ!エピソード多数掲載

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す