シンガポール旅行の観光スポットおすすめランキング35選!特徴や見どころ・アクセスも紹介

シンガポール旅行は航空券も安くて近いため行きやすいと人気ですが、観光スポットも目白押しなので事前に調べておくことが大切です。

 

今回はシンガポール旅行でのおすすめの観光スポットをランキング形式で35カ所まとめてみました。

 

シンガポール旅行の観光スポットおすすめランキングTOP35-31

 

35位:ナイトサファリ

 

出典:https://www.pipinobu.com/

 

珍しい動物が近くて見れることで有名な場所であり、名前の通り夜の動物園となっています。そして夜の動物園なので、開園時間が19時と遅くなっています。

 

シンガポールは年中暑いと言われていて、昼間は35度以上になることも多く、外出が辛い状況が多々あります。

 

このナイトサファリなら、夜から開いていることもあり、観光客にも地元の人にも人気です。

 

毎晩公演しているトライバルショーも必見となっています。

 

昔からあった伝統芸能がパワーアップしたショーとなっていて、口から炎を吹き上げたり、民族衣装をまとったダンサーたちの迫力のある踊りにも注目してみてください。

 

園内は広くなっているので、トラムカーで回るのが楽ですが、所々で降りて歩いてみるのも良いと思います。

 

檻や柵が最低限に使われているため、ほとんどは放し飼いとなっていて、間近で餌を食べている動物が見れるのも人気の理由の1つだそうです。

 

サファリショップでは、ぬいぐるみやTシャツなど、お土産に最適なものが沢山売っているので是非立ち寄ってみてくださいね。

 

 

34位:シンガポール動物園

 

出典:http://asia-hotelnavi.com/

 

シンガポール動物園の最大の特徴と言えば、檻や柵を最小限にとどめていて、自然に近い環境で動物たちをのびのび飼育していることです。

 

人と動物を隔てているものは、お堀や運河、目立たない低めの柵を利用するなどと工夫がされています。

 

動物園内にはカフェなどがあり、その周りで果物を食べているオランウータンなどを間近でみながら朝食を食べる楽しみがあったりと、子供も大人も楽しめること間違いなしでしょう。

 

キーパーと呼ばれる飼育係が餌付けをしたりお世話をしているところを間近で見ることもできるので、日本では中々見れない光景も多くなっていると思います。

 

そして、ショーやアニマルライドなどアクティビティなものも多くて、楽しめるイベントが沢山あるので、おすすめの場所となっています。

 

ここの動物園は朝早くから訪れるのがおすすめとなっています。日中は暑くて歩くのも大変なので、カフェなどでゆっくり休んで動物と触れ合うのも良いでしょう。

 

 

33位:マーライオンパーク

 

出典:http://d340eiag32bpum.cloudfront.net/

 

シンガポールと言えばマーライオンと言っても過言ではないほど、今ではとても有名ですよね。

 

「世界三大ガッカリ」とも言われているマーライオンですが、一緒に写真を撮ろうとする人は多く訪れていて、いざ近くで見るとガッカリしないこと間違いなしです。

 

そして、8メートルあるマーライオンの後ろには、小さいミニライオンもいるのですが、こちらも人気があるそうです。訪れた際は、是非両方の写真を記念に撮影してみてくださいね。

 

マーライオンパーク自体は無料なので、気軽に訪れることができます。さまざまなポーズで写真を撮る観光客もいるので、見ているだけでも楽しめるかと思います。

 

夜はライトアップされたマーライオンもとてもきれいなので、是非夜にも訪れてみてください。

 

 

32位:ユニバーサルスタジオシンガポール

 

出典:https://image.tabinaka.co.jp/

 

2011年にオープンしたばかりで、まだ新しい場所となっています。

 

そして世界で唯一の「マダガスカル」のエリアもあります。シンガポールでしか体験できないアトラクションを是非楽しんでみてください。

 

園内は大きく7つのエリアに分けられていて、子供だけではなく、大人も楽しむことができるアトラクションが沢山あるので、大人だけで行っても楽しめるでしょう。

 

そして、アトラクションだけではなく、ショーもおすすめです。

 

また、園内を歩いているとキャラクターに遭遇できることもあるので、園内を散歩しているだけでも楽しめちゃいます。

 

しかし、シンガポールはとても暑いので、カフェに入ったりと涼しい場所でゆっくり休んだりもしてみてくださいね。

 

日本のユニバーサルスタジオに比べると比較的人は少なくて、乗り物も並んでも30分と、とても乗りやすいです。なので、1日で沢山アトラクションが楽しめるのもとても良いですよね。

 

絶叫系に乗る際は荷物を預ける必要がおり、近くにはコインロッカーが設置されているので、そちらを利用してください。40分間は無料となっています。

 

 

31位:ガーデンズバイザベイ

 

出典:https://welove.expedia.co.jp/

 

マリーナベイサンズの隣に位置していて、巨大植物園となっています。

 

1度見ると忘れられなくなるほどの人工ツリーが目立っていて、印象深いはずです。

 

そして、オーム形の2つのドームの中はとても涼しくなっているので、暑さで疲れた身体を癒してくれることで人気があるそうです。植物に囲まれ、心も体も癒されること間違いなしです。

 

MRTベイフロント駅からは徒歩5分と、とても行きやすい場所に位置しているので、是非1度訪れてみてください。

 

ガーデン自体は無料となっているので気軽に訪れてみてください。3つのパビリオンに入りたい場合は、チケットを購入してみてくださいね。

 

綺麗な植物が沢山あるので、家族連れで行くのもとてもおすすめです。地元の人にも人気がある場所なので、年パスを買う人も多くいるそうです。

 

 

シンガポール旅行の観光スポットおすすめランキングTOP30-26

 

30位:シンガポールフライヤー

 

出典:https://aoitrip.jp/

 

28人乗りのガラス張りのカプセルに乗って、シンガポールの中心都市を眺めることができる観覧車となっています。

 

ツアーでもオプショナルとして組まれているほど、人気がある観覧車となっています。地上165mで、シンガポールならではのユニークな体験ができること間違いなしでしょう。

 

MRTサークル線エスプラネード駅から徒歩5分と、場所も行きやすくなっています。家族でも、友人同士でも楽しめることでしょう。

 

カップルで訪れる場合は、夜景がとてもきれいなので夜がおすすめです。天気が良い日に乗れば、景色も良く観れるのでおすすめです。

 

この観覧車は30分と時間は短いのですが、最高の景色を独占しながら紅茶と軽食を楽しめたりもするので、気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。

 

シンガポール航空でシンガポールに訪れら人には、搭乗券の提示で20%割引になるのでとてもお得です。

 

 

29位:サンズスカイパーク

 

出典:https://ryokoukankou.com/

 

今やシンガポールの象徴となっている、マリーナベイサンズの屋上からの眺めは絶景です。そして、急成長し続ける高層ビルや貿易タンカーが停泊している海も見渡すことができます。

 

展望台は、9時半から22時まで開いており、滞在時間に制限はないので好きなだけいることができます。金曜から日曜は、23時まで開いています。

 

休館日などは、公式ホームページでチェックしてみてくださいね。

 

特に、20時と21時半はおすすめの時間帯です。光と水のショーが行われていることもあり、そのショーを屋上から見ることが出来るので、是非一度その時間に訪れてみてくださいね。

 

宿泊者限定の屋上プールも見る価値ありとなっています。

 

 

28位:オーチャードロード

 

出典:https://imagef.navi.com/

 

シンガポールの中で最も賑わっている街がオーチャードロードです。観光客も多く、地元の人も多くて、毎日多くの人で賑わっています。

 

最新のファッションを取り扱うショップが多く並んでいて、週末になるとオシャレなシンガポーリアンたちが多く集まっていることが多いそうです。

 

高島屋や伊勢丹などの日系の百貨店もあるため、ちょっと高級なお土産を購入したいときや、日本食を食べたいときにおすすめです。

 

フィリピンの人たちが多く集まる「ラッキープラザ」があるのもこのオーチャードロードで、日曜日にはフィリピン人女性たちがたくさん集まって、休日を楽しんでいるそうです。

 

また様々なイベントも開催されていて、特にクリスマスの時期にはとても華やかに飾り付けされて通るだけでも楽しめます。色々な種類のツリーを見ることができますよ。

 

どこに行こうか迷った際には、オーチャードロードにとりあえず足を運んでみるのも良いと思います。

 

 

27位:リバーサファリ

 

出典:https://www.visitsingapore.com/

 

シンガポール動物園とナイトサファリに隣接して造園されたのがリバーサファリで、世界各国の大河周辺に生息する動物たちを集めた場所となっています。

 

全300種類5000頭もの動物や淡水生物を飼育しており、世界でも珍しいテーマ動物園となっているのですが、ここの見所はジャイアント・パンダです。

 

パンダは絶滅危惧種に指定されており、現在1600頭以下にまで減少してしまったことも報告されていて、世界的に貴重な存在のパンダはシンガポールでも人気者です。

 

園内のカフェ「ママ・パンダ・キッチン」では、パンダの顔を模したあんまん「パンダマン」や、パンダのデザインが楽しい「ジャイアント・パンダカプチーノ」があります。

 

パンダのぬいぐるみなど、お土産も沢山売っていますよ。

 

 

26位:ボタニックガーデン

 

出典:https://tripnote.imgix.net/

 

2015年、シンガポールで初めての世界遺産に登録されたシンガポール植物園で、通称ボタニックガーデンとして親しまれ続けています。

 

74haもの広大な敷地内に、1万種類以上の植物が育っています。2020年までに、今よりもさらに面積が広げられることも決定しており、今後にも期待が高まります。

 

園内は無料で入園できるので、早朝から夜まで多くの人たちが、ヨガやランニング、ピクニックをして楽しんでいるのが見られます。

 

屋外コンサートができるホールもあり、週末や平日夜にコンサートなどが催されているので、気になる方は調べてみてください。

 

ジンジャーガーデン内に位置するヨーロッパ料理のレストラン「ハリア」は、とても美味しくて人気もあるのでおすすめです。

 

天気の良い日には、ぜひテラス席を利用してみてください。適度な湿気と周りの植物が、まるで森の中で食事を楽しんでいるような雰囲気で、食事が一層美味しく感じること間違いなしです。

 

 

シンガポール旅行の観光スポットおすすめランキングTOP25-21

 

25位:リトルインディア

 

出典:https://imagef.navi.com/

 

様々な民族が暮らすシンガポールですが、このリトルインディアはインド系の文化を色濃く残すエリアです。

 

インド系料理が楽しめるテッカセンターやばらまき土産の聖地ムスタファセンター、電子機器販売の小売が入ったシムリムセンターなど、気になるスポットが集まっているのも特徴です。

 

MRTのリトルインディア駅近くにあるインド系映画専門のREXCINEMASでは、毎日インド映画が上映されており、価格も安くて気軽に観られるので是非チェックしてみてくださいね。

 

リトルインディアには今もショップハウスが残っていて、そこにはデザイン系オフィスがあったり、若いオーナーによるカフェがあったりと、おしゃれエリアとして最近人気のようです。

 

 

24位:マリーナベイサンズ

 

出典:https://www.wbf.co.jp/

 

マリーナベイサンズは、3棟の高層ホテルに舟のような形の屋上を載せた外観で、すでにTVコマーシャルで有名になっている場所でもあります。

 

シンガポール初のカジノを併設した総合娯楽施設IntegratedResortは2010年にオープンして以来、世界各国の観光客を集めていて、今でも人気は変わりません。

 

贅沢な造りのホテル、素晴らしい眺望が楽しめる屋上の150mプール、超高級レストラン街、国際会議や見本市が開催されるコンベンション・ホールなどがあります。

 

また、欧州のブランドブティック、ギャラリー、ティーサロン、ゴンドラのある人工の川や滝、スケートリンクや地元グルメが揃うフードコートもあり、1日では時間が足りないでしょう。

 

マリーナベイサンズを一回りするにも半日はかかってしまいます。そしてここのカジノは珍しく、24時間営業でもあります。

 

 

23位:サルタンモスク

 

出典:https://ryokoukankou.com/

 

モスクは、日本にいるとなかなか見ることも入ることもない、馴染みのない場所だと思います。

 

シンガポールにはいくつかモスクがあるのですが、中でもサルタンモスクはシンガポールで最大・最古のモスクとなっているのです。

 

中に入って実際のお祈りの様子を見学することも可能となっていて、しかもモスクの中の見学は無料です。

 

イスラム教では肌の露出が禁止されているので、短パンやスカートでは中に入ることができないので注意してください。

 

観光客用にローブを貸してくれますが、数に限りがあるのと、とても分厚い生地で非常に暑いので、最初から長袖を着る等していくのがいいかと思います。

 

モスク内はファンがあるのでそれほど暑くないですが、周辺のストリートは日陰が全くと言っていいほど無いので、買い物を楽しむ際は日傘、帽子、サングラスは用意しておきましょう。

 

 

22位:エンプレス・プレイス(アジア文明博物館)

 

出典:https://tabisuke.arukikata.co.jp/

 

この美術館は、多民族、多宗教国家シンガポールらしい、コンパクトながら充実したアジア文化を紹介しています。

 

あまり大きくはありませんが、昔から貿易の拠点として様々な文化が行き交ってきたシンガポールが感じられるおすすめのスポットです。

 

仏教やイスラム教などの宗教美術や、貿易によって流入してきたヨーロッパやアジアの品々、人々が使っていた日用品などが展示されています。

 

月曜から金曜は10時半から、第2土曜日は13時半から、無料の日本語ガイドが行われているので、是非この時間に訪れてみてくださいね。

 

在住の日本語ボランティアの方が、見るだけでは分からない様々な事を教えてくれるので、さらに深く楽しめるはずです。

 

 

21位:アラブ・ストリート

 

出典:https://singainfo.com/

 

エキゾチックな雰囲気を楽しみたい方や、オシャレなお店で買い物がしたい人におすすめのエリアです。

 

まずこのエリアでおすすめなのが、前述のサルタン・モスクです。

 

シンガポール最大のモスクであり、アラブストリートでは外せない観光スポットです。黄金に輝くモスクはフォトジェニックとも言われているので、是非記念撮影してくださいね。

 

観光客でも内部に入ることができますが、時間帯や服装などの制限があるので、事前に確認して訪れるのが良いと思います。

 

このエリアには、エキゾチックな雰囲気のカフェやレストランが多くあるので、歩き疲れた時には是非立ち寄ってみてください。

 

アラブの国々でよく飲まれている甘いミントティーを一口飲めば、疲れも吹き飛ぶこと間違いなしでしょう。

 

 

シンガポール旅行の観光スポットおすすめランキングTOP20-16

 

20位:エメラルドヒル

 

出典:http://wagamamatravel.sakura.ne.jp/

 

シンガポール最大のショッピング通りオーチャードロードのすぐそばにある、歴史的住宅の保護地区です。

 

1910年前後に建てられた住居をなるべく姿を変えずに維持し続けており、住宅は2階建てです。

 

何件かの家と横並びに繋がっていて、一見するとシンガポールの長屋と言う感じになっています。

 

オーチャードロード付近は改装して飲食店やアパレルショップになっていますが、奥へ進むにつれて現在も住居として使われている家々が見えてくるので、是非覗きに行ってみてくださいね。

 

タイルやガラス窓、観音開きのドアなど、住人のこだわりがあり、一体感がありながらもディテールはユニークとなっていて、見ているだけでも楽しめるので散歩コースにもおすすめです。

 

反対側から眺めてみたり、軒下のような感じでつながる通路を歩いたり、1時間もあれば往復できます。

 

 

19位:マリーナベイサンズカジノ

 

出典:https://image.space.rakuten.co.jp/

 

旅行者はパスポートさえ見せれば無料で入場できるので、雰囲気だけ楽しみにいくのも良いと思います。

 

カジノの中は中国語が飛び交っており、英語が通じにくいのが難点かもしれません。

 

カジノの中には本格的な広東料理、アジアの麺料理、クイックダイニングなど計3店舗のレストランが入っていて、ここでも中国語が飛び交っています。

 

日本からシンガポールに離発着するフライトは、深夜や早朝の時間帯もあると思います。そんな時には、24時間眠らないこのカジノに足を運ぶ、という選択肢も良いかもしれませんね。

 

ここのカジノは、ラスベガスのカジノリゾート運営会社・ラスベガス・サンズによって開発され、500のテーブルと1600のスロットマシーンが並ぶ、単独としては世界最大級です。

 

是非立ち寄ってみてください。

 

 

18位:マーライオンタワー(セントーサ島)

 

出典:https://anahideo.com/

 

セントーサ島は、マレー語で平和と静けさを意味しています。セントーサ島のランドマーク的存在のザ・マーライオンはタワーになっているため、口と屋上から景色を眺めることができます。

 

アニメ「マーライオン伝説」も上映されており、なぜシンガポールの象徴がマーライオンになったのか、そもそもなぜマーライオンはライオンと魚の姿なのか、その謎を知ることができます。

 

開館時間は10時から20時となっていて、年中無休となっています。ちなみに、最終入館は19時半となっているので注意してくださいね。

 

館内はとっても暗くなっているので少し怖い、と感じる人も多いかもしれないので、お子様を連れていく際は注意が必要かもしれません。

 

しかし、お子様にも楽しめる場所があるので、暗いところが平気な場合は是非訪れてみてください。

 

口の部分は狭くなっていて、3~4人景色を見るのでいっぱいになってしまうスペースではありますが、マーライオンタワーならではの写真が撮れます。

 

スタッフさんが待機しているので、集合写真も撮ってもらうこともできます。

 

 

17位:シンガポール・チャンギ国際空港

 

出典:https://d1d37e9z843vy6.cloudfront.net/

 

このチャンギ国際空港は、ワールド・エアポート・アワードで、4年連続7度目の1位に輝いており、世界各国の人から好評です。

 

ビジネスマン、家族連れ、1人旅…あらゆる旅人を楽しませてくれる空港で、施設はもちろん、充電スペースや無料マッサージチェアなども充実していて、細やかな気配りが感じられます。

 

中でも、お子さんがいる方にはぜひ足を運んで欲しい場所となっているのが、高さが圧巻の滑り台です。10ドル以上のレシートを提示すれば、1回無料で滑ることができます。

 

高さは世界一だとも言われていて、未来都市を彷彿とさせるこの滑り台にぜひ挑戦してみてください。

 

そしてチャンギ空港と言えば、様々な場所に用意された多種多様な植物園も有名です。

 

最も有名なのはバタフライファームですが、その他にも各ターミナルごとにユニークなものが造られているので、是非探してみてくださいね。

 

眠らない空港だからこそ、エンターテイメント施設も充実しています。空港内には無料シアターがあり、約40席のシートが用意され、話題の映画が鑑賞できちゃうのです。

 

 

16位:シンガポールリバークルーズ

 

出典:https://ryokoukankou.com/

 

シンガポールリバーを上流から下流に向けて楽しむ、40分のクルーズとなっています。

 

下流では川が開けてマリーナ湾に着き、マーライオンを目の前に見ることができるため、とても人気があります。

 

夜は時間を合わせて乗れば、マリーナベイサンズが毎日行っている光と水と音楽のショーが船上から見られるので、是非時間を合わせて乗ってみてくださいね。

 

ちなみにマリーナベイサンズのショーを見るためには、クラークキーを夜の19時45分頃発、21時15分頃発がおすすめです。船の乗り場は13カ所あります。

 

リバーボートは長年シンガポールで愛されてきたアトラクションの1つで、毎日たくさんの人で賑わっています。夜はとても雰囲気が良いので、カップルにも大人気の場所となっています。

 

 

シンガポール旅行の観光スポットおすすめランキングTOP15-11

 

15位:アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク

 

出典:http://d340eiag32bpum.cloudfront.net/

 

流れるプールや波の出るプール、そして6種類のスライダーがある、水上テーマパークとなっていて、子供から大人まで、どの世代にも人気があるそうです。

 

おすすめでもあり、人気のある流れるプールは長さ620mもあり、とにかくその規模からして世界級となっているので、是非一度試してみてください。

 

そして、2万匹の熱帯魚が泳ぐプールでシュノーケリングもできるので、こちらもとても人気があるそうです。

 

2013年には、イルカやサメへの餌付けができるプログラムも始まっており、毎日多くの人で賑わっている場所でもあります。

 

家族連れには最適な場所であり、1日ここで楽しむことができること間違いなしの場所です。

 

 

14位:プラナカン博物館

 

出典:https://aoitrip.jp/

 

プラナカンというのは、シンガポールの女性と結婚して定住した中国出身の貿易商人がルーツの人々のことを指しているそうです。

 

中国の伝統とアジアの風習が溶け合い、独自の文化を形成しています。

 

そして、そのプラナカンの暮らしと文化を学ぶことができる観光スポットがこのプラナカン博物館であり、人気があります。

 

シティホール駅から徒歩10分の場所にあり、営業時間は9時から19時まで年中無休です。入場料は6ドルとなっています。

 

プラナカングッズはパステルカラーの色合いと花柄模様がかわいらしく、お土産にもおすすめの品となっているので、友人などのお土産にどうでしょうか。

 

プラナカングッズが欲しくなったらカトン地区がおすすめです。様々な種類のお土産が選べることもあり、見ているだけでも楽しめると思います。

 

かわいらしいパステルカラーの家々が並んでいるので、写真映えもしますよ。

 

 

13位:CÉLAVI(旧ク・デ・タ)

 

出典:https://ryokoukankou.com/

 

ここはマリーナベイサンズの屋上に位置しているバーレストランです。営業時間は11時から23時で年中無休です。

 

意外と知られていなくて人も少ないこともあり、少し先取りできること間違いなしです。

 

通常スカイデッキへは入場料の20ドル必要ですが、こちらのバーを利用すれば飲み物代だけでスカイデッキに来れるという裏技が使えちゃいます。

 

バースペースは予約不可ですので、早めに来店するのがおすすめです。ただしレストラン利用であれば予約できるそうなので、使い道に合わせて予約するかしないか、選んでみてくださいね。

 

とにかく素晴らしい景観と言われていて、観光スポットが一望できるのはもちろん、対岸に煌めくビル群を正面に眺めることもできるので、とてもおすすめの場所となっています。

 

カップルにも人気がある場所ですので、デートにはぴったりかもしれません。

 

 

12位:イベント・プラザ

 

出典:http://ss-j.sg/

 

ベイフロント駅すぐでアクセスがとても良く、夜になると観光客から地元の人まで多くの人がこの場所に訪れています。その理由は、水上ショー「ワンダー・フル」の会場でもあるからです。

 

「ワンダー・フル」は13分間の光と水の水上ショーとなっていて、水がスクリーンとなり、光が映像を映し出す技術は圧巻で、とても人気があります。

 

特に、風がない日はとてもきれいな演出が見ることができるのでおすすめです。

 

ちなみにこの「ワンダー・フル」は、対岸のワン・フラトンからも見ることができ、実は穴場のおすすめスポットだったりもしているので、是非訪れてみてくださいね。

 

昼間はウッドデッキに吹く風が心地よく、ちょっと休憩するにはおすすめの場所となっています。

 

 

11位:TWGティーサロン&ブティック

 

出典:https://jp.marinabaysands.com/

 

シンガポールが誇る紅茶ブランド、TWGの紅茶を800種類以上揃えており、店内でもアフタヌーンティーを楽しめるという、とても素晴らしい場所です。

 

雰囲気も良くて落ち着ける場所で、今では観光スポットとも言われています。

 

ユニークなブレンドと季節限定アイテムはもちろん、かわいらしいパッケージが魅力的ですので、お土産としても喜ばれる事間違いなしでしょう。

 

日本にもTWGの店舗はありますが、日本で買うよりもお買い得です。

 

空港にもTWGがあり、マカロンなども置いていて自分へのお土産にもおすすめです。とても美味しくて、値段も高くないのでとてもありがたいですよね。

 

お土産としてもおすすめですが、店内のカフェではバリスタが茶葉にぴったりの方法で淹れてくれるので、是非利用してみてくださいね。

 

マリーナベイサンズの地下2階にも入っています。こちらの営業時間は、10時から22時半までとなっています。

 

 

シンガポール旅行の観光スポットおすすめランキングTOP10-6

 

10位:シー・アクアリウム

 

出典:https://kosublog.com/

 

世界中の海に生息する800種類以上10万匹の海洋生物を観察できる、地元の人からも観光客からも人気がある場所です。総水量4500万トンは世界最大級です。

 

おすすめは、幅36mの巨大水槽「オープン・オーシャン」となっていて、エイやサメなどを見ることができます。

 

また、クラゲや熱帯魚の水槽はあまりの可愛さに何時間でもいられる、との声も多いと言われています。

 

セントーサ島に位置するアクセスの良さと、2012年オープンという話題性でとにかく人が絶えず、いつも多くの人で賑わっています。なるべく早い時間に訪れるのがベターでしょう。

 

営業時間は10時から19時、年中無休です。入場料は29ドルとなっています。ウォーター・フロント・ステーション駅で下車するとすぐ近くです。

 

 

9位:リゾート・ワールド・セントーサ

 

出典:https://baileysalisbury.info/

 

このエリアには、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールマリン・ライフ・パークなど、続々と新観光スポットがオープンしていることもあり、今最もホットなエリアとも言われています。

 

そのため、多くの観光客が訪れており、毎日賑わっています。セントーサ島を訪れたのなら、ここに立ち寄ってみるのをおすすめします。

 

アジア最大級の統合型リゾートと言われているので、ここにないものはないと思っても過言ではありません。カップルにも家族連れにも、そして友人同士でもおすすめの場所となっています。

 

ウォーター・フロント・ステーション駅で下車するとすぐ近くにあり、施設により営業時間や料金などは異なりますので、事前に確認していくのが良いでしょう。

 

 

8位:ラオ・パサ・フェス・ティバル・マーケット

 

出典:https://lattepictures.s3.amazonaws.com/

 

ホーカーズと言えば、シンガポールのローカルフード屋台が集まるレストラン街のような場所で、その中でも老舗中の老舗がこのマーケットです。

 

観光スポットとしてツアーに組まれていることが多いらしく、観光客で賑わっています。ビクトリア調の建物が美しいですが、中に入るとここはやはり東南アジアな雰囲気を味わえます。

 

おすすめはNRNというお店で、インドネシア料理やマレー料理を提供する人気店です。

 

ワンプレート5$程度とかなりリーズナブルで、とても人気がありおすすめのお店なので、ぜひ1度立ち寄ってみてください。

 

ラッフルズ・プレイス駅から徒歩5分と、とても行きやすい場所にあります。チャイナタウンの観光スポットからも近いので、ついでに訪れることもできておすすめです。

 

お店により、営業時間などは異なるので、その場で確認してみてくださいね。

 

 

7位:ラッフルズ

 

出典:https://s-ec.bstatic.com/

 

宿泊者でなくても、シンガポールに来たなら訪れておきたい場所とも言われているラッフルズ。

 

もちろん宿泊するのがおすすめですが、そうでなくても40以上のショップと16のレストラン&バーは利用できるので、訪れる価値はあります。

 

宿泊以外で特におすすめなのがアフタヌーンティーです。ティフィン・ルームでのアフタヌーンティーで午後の静かなひとときを過ごせば、お姫様気分が味わえること間違いなしでしょう。

 

どんなに観光スポット巡りで疲れても、ここに行けば癒されるはずです。

 

エスプラネード駅から徒歩1分と、駅からとても近くて行きやすい場所となっています。

 

 

6位:スリ・マリアマン寺院

 

出典:https://imagef.navi.com/

 

道を歩いていると突如現れる極彩色の彫刻に装飾された塔は、予備知識がなくても立ち止まってしまうほどの素晴らしさとなっています。

 

内部も精緻な装飾が所狭しと施されているのが特徴です。入場料は無料ですので、是非入ってみることをおすすめします。

 

チャイナタウン駅から徒歩5分で、7時から12時、そして18時から21時までが営業時間で年中無休です。

 

チャイナタウンで最もおすすめの観光スポットですので、チャイナタウンに訪れた際には是非立ち寄ってみて下さいね。

 

こちらの観光スポットの正面にある中国菓子屋さんは月餅の有名店で、こちらもぜひのぞいてみてはいかがでしょうか。

 

 

シンガポール旅行の観光スポットおすすめランキングTOP5-1

 

5位:マリン・ライフ・パーク

 

出典:http://d340eiag32bpum.cloudfront.net/

 

セントーサ島の北部に位置している海洋水族園です。

 

園内には水族館の「シー・アクアリウム」と、プールを楽しめる「アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク」といった観光スポットもあり、楽しめる場所が沢山あります。

 

常夏ながら実はマリンビーチが多くないシンガポールでは、数少ない水遊びができる場所としておすすめの観光スポットですので、暑くても涼しく過ごせるこちらに是非訪れてみてください。

 

ウォーター・フロント・ステーション駅下車ですぐの場所に位置しています。施設により料金や営業時間が異なるので、事前に確認してから行くのがいいかもしれません。

 

 

4位:チョコレート・バーマリーナ・ベイ・サンズ

 

出典:https://ryokoukankou.com/

 

クラブ55内にあるスイーツショップとなっています。

 

種類はそこまで多くないですが、濃厚なチョコレートの数々と、南国フルーツが食べ放題、さらにシンガポールが誇る紅茶TWGも頂けるので、十分満足できると思います。

 

また、20時から始まるチョコレート・ビュッフェが大人気で、地元の人も多く訪れるそうです。予約必須かつドレスコードもあるので、行く際は注意してくださいね。

 

 

3位:フード・リパブリック

 

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

 

ローカルフードが味わえるシンガポールのフードコートは、最近では観光スポット並みの人気があるとも言われています。

 

その中でも、こちらはアクセスの良さと老舗の名店が揃うことでおすすめとなっているので、フードコートに行きたい方は是非こちらに訪れてみてくださいね。

 

 

2位:アイオン・オーチャード

 

出典:https://lh3.googleusercontent.com/

 

オーチャードは、日本の髙島屋や伊勢丹も出店しているシンガポールの目抜き通りですが、その中でも特にショッピング好きにぴったりなのがこの場所となっています。

 

高級ブランドからローカルブランドまで揃う幅広さと、レストランやカフェの充実度が魅力で、1日中いても飽きません。

 

特に5~7月はシンガポール全体がセールの時期となっているので、買い物三昧したい方はこの時期に訪れるのがおすすめです。

 

 

1位:マックスウェル・フードセンター

 

出典:https://lh3.googleusercontent.com/

 

シンガポールのホーカーズ(屋台村)と言えば、真っ先に名前が挙がる場所でもあり、人気もあります。

 

多くの人のお目当ては天海南鶏飯のチキンライスで、ニューヨークタイムスにも絶賛されたこともあり、世界各国の観光客が並んでいて行列が絶えないおすすめの名店です。

 

いつ行ってもすごい行列で驚くと思いますが、並ぶ価値ありなので、是非並んで食べてみてくださいね。

 

 

まとめ

 

シンガポールの観光スポットをランキング形式で35カ所紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

シンガポールは年中暑いとも言われているので、こまめに水分補給をしながら、そしてカフェなどで休んだりしながら観光を楽しんでみてくださいね。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

シンガポールのお土産~女子におすすめ人気ランキング32選!雑貨・お菓子・ボディケア・文具・キッチン用品を徹底紹介【最新版】

シンガポールお土産おすすめの場所20選!スーパー7選・雑貨店13選を徹底解説【最新版】

シンガポールのお土産~男性や彼氏におすすめ人気ランキング25選!お菓子・食品・飲み物・雑貨・メンズコスメを徹底紹介【最新版】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

台湾の映画!青春・恋愛おすすめランキングTOP15【最新版人気】

シンミナ出演のドラマ&映画一覧おすすめランキング12選!あらすじや役柄も紹介【2020最新版】

香港の人気お土産~お菓子や飲み物・お茶・タピオカのおすすめランキング20選【2020最新版】

新大久保のチキンの人気店おすすめランキングTOP14【コリアンタウン】

華流俳優の人気ランキングTOP25!中国・台湾・香港のイケメンを紹介【2020最新版】

INFINITEの人気曲ランキングTOP15とアルバムおすすめ5選【動画付き・最新版】

Red Velvetのメンバー人気順TOP5・最新版!プロフィールや見分け方も紹介

チョンイル出演のドラマ&映画一覧おすすめランキング15選【2020最新版】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

チョン・ジソ

チョンジソの身長と年齢や経歴!パラサイトのキスシーン・かわいいインスタも紹介【画像付き】

タイ人のイケメン男性ランキング40選!モデル・俳優・歌手・スポーツ選手【最新版】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す