マカオのカジノ併設ホテルのおすすめランキングTOP12!特徴や見どころ・公式サイトも総まとめ【最新版】

マカオは香港とフェリーで結ばれている人気の観光地ですが、カジノ目当てでマカオへ旅行に行く方も多く、カジノ併設のホテルもおすすめです。

 

今回はマカオにあるカジノ併設ホテルのおすすめの場所をランキング形式で紹介します。

 

マカオのおすすめカジノホテルの場所ランキングTOP12-10

 

12位:グランド・リスボア

 

出典:https://www.travel.co.jp/

 

マカオを訪れたのなら、もちろんカジノを楽しみたいところですが、実はマカオのカジノはその派手に輝く外観を眺めるだけでも十分に楽しむことが出来ます。

 

マカオの中心地に高さ261メートル、53階建てのこの超高層ビルは、2008年オープンのマカオを代表するホテルで、マカオのカジノの発展を象徴するランドマークとなっています。

 

超近代的でスタイリッシュな独特のデザインは、蓮の花をイメージしたものとなっていて、建物下部のドームが大規模なカジノ、その上のタワー部分がホテルとなっています。

 

日中、南国の強い陽射しを受けて眩しいほどの黄金に輝くグランド・リスボアは、威風堂々とした圧倒的な勇姿には、「カジノの王様」といった風格が漂っています。

 

マカオ中から見えるその存在はまさにマカオのランドマークであり、迷路のように道が張り巡らされる複雑なマカオの街歩きをする上で、絶対的な目印でもあります。

 

マカオの街で迷っても、グランド・リスボアに向かって歩いて行けば、中心地に戻ることができちゃうのです。

 

 

こちらのカジノでは、ゲーム機やテーブル台は一通り揃っていますので、ここに行けばカジノを満喫できること間違いなしでしょう。

 

ミニマムベッドが50香港ドルからと比較的お手ごろなのも人気の理由だと思います。

 

また、ポーカー大会を行っていたり、ポールダンスなども開催されておりとカジノ以外でも盛り上がれる要素が多くなっています。

 

【公式サイトはこちら】

 

 

11位:サンズ・マカオ

 

出典:https://www.booking.com/

 

世界のカジノシーンでトップに立つラスベガスサンズグループが、マカオで最初にオープンしたラスベガス式カジノが「サンズマカオ・ホテル&カジノ」となっています。

 

これまでの「カジノ専用ホテル」のイメージを一新、カジノ客以外のためにホテルのレベルアップを図っています。

 

レストラン、ショッピングモールなど、カジノ以外の娯楽施設を充実させたマカオ初のIR型カジノホテルは、マカオカジノ業界の話題をさらいました。

 

特に巨大でゴージャスなカジノ空間は、カジノファンにはたまらない雰囲気を醸しており、長年の常連客やリピーターが多いのもその特徴となっています。

 

開業は2004年5月18日、総工費2億4千万ドルを投じ、ポール・スティールマン・デザイン・グループがデザインを担当した高さ79mのホテルとカジノが完成したそうです。

 

そして、740台のテーブルゲームと1250台のスロットゲームを備え、マカオで最初に登場したラスベガス・スタイルのカジノ、マカオ最大のカジノ施設として一躍話題となったそうです。

 

フロア面積はオープン当時から拡張工事を重ね、現在では96000㎡にまで広がっています。

 

カジノがある一般エリア・地上階~3階部分まで天井高20mの卵型の吹き抜けになっており、これは風水で金運に恵まれる形なんだとか。機会があればぜひ一度訪れてみてください。

 

 

世界で最も多いテーブルゲーム数を誇る一般エリアでは、テーブルゲーム好きの中国人観光客に合わせ、「大小」「ポーカー」「バカラ」「ブラックジャック」中心で、連日賑わっています。

 

また、同フロアにある「ライブ中継ゲーム(バカラ・大小・ルーレット)」も人気となっています。

 

内装も少し中国風に寄せつつも、全体の雰囲気自体はラスベガスそのものとなっています。

 

 

カジノの中央部には大きなステージがあり、生ライブやダンスショーなどを楽しむこともできます。

 

また、レストランやバーなども併設していますので、カジノを楽しんで小腹が空いたらバーやレストランに気楽にアクセスできるのもとても良いですよね。

 

「サンズマカオ・カジノ」では、320万円を使い切ると、滞在中のホテルが無料になり、空港やフェリーの送迎、香港から香港空港へ向かう際にもリムジンが同行してくれるようになります。

 

【公式サイトはこちら】

 

 

10位:ウィン・カジノ

 

出典:https://www.casinoparade.net/

 

ウィン・マカオのホテルは、「ウィンラスベガスのマカオ版」として2006年にオープンした豪華なホテルとなっています。

 

この豪華ホテルの中でカジノをしたり高級料理を堪能したりと、日頃の生活から解放されて、優雅に過ごせることができちゃいます。

 

ホテルの内装は豪華なヨーロピアンな造りになっていて、 フロアの通路はとても広くなっているのが特徴となっています。

 

このウィン・マカオには、マカオの中でも最大級の9,300㎡に及ぶ面積を持っているカジノがあり、加えて4つの高級レストランやスパ施設も完備しています。

 

今後も、ホテルの規模はさらに拡大される予定があるそうなので、一度行って、次行くときにはまた新しいのエリアが増えている、と楽しみが続きますよね。

 

そしてホテルの中では、カジノ付近にカルティエやシャネル、エルメス、グッチなどといった高級ブランド店も多く入店しています。

 

 

そして、ウィン・マカオでは無料で噴水ショーが楽しむことができます。15分間隔で約3分間行われます。

 

噴水ショーの時間帯は11時~23時までとなっていて、いつでも観られるのですが、やはり夜が一番おすすめです。

 

音楽や火を使った演出も取り入れられていて、噴水がクラシックやポップス、ブロードウェイなどのさまざまなヒット曲に合わせて踊るように感じられます。

 

この噴水ショーを観るために、わざわざウィン・マカオに宿泊する観光客も多くいるそうです。

 

 

このように、ウィンマカオはとても素敵なホテルですが、その分宿泊料金は他のホテルよりも高額に設定されています。

 

そのため、手頃なホテルで宿泊してウィンマカオのカジノ施設に足を運んでゲームを楽しむ方々も多いそうです。

 

ウィン・マカオはマカオの中で一番賑わっているポーカールームとしても知られていて、世界でも有名なポーカープレイヤーも度々訪れていると言われています。

 

カジノ内は、赤を基調としており、気品が溢れています。

 

【公式サイトはこちら】

 

 

マカオのおすすめカジノホテルの場所ランキングTOP9-7

 

9位:ザベネチアンホテル

 

出典:https://www.booking.com/

 

マカオの市街地から少し離れた、大型施設が揃う場所「コタイ地区」にあるのが、ラスベガスでも有名なカジノホテル「ザ ベネチアン マカオ リゾート ホテル」となっています。

 

圧倒的なスケールの大きさとその高級感は、訪れる人を感動に導いてくれます。宿泊していなくても、立ち寄っただけでそう感じられる空間が広がっています。

 

グランドホールから、中央エスカレーターが全部繋がっている円上の部分を下に降りると、カジノへ入れたり、上にいくと、ショッピングエリアに繋がっています。

 

館内のショッピングゾーンでは、ベニスの町並みが再現され、中央にある川ではゴンドラ船が運行されています。

 

有料ではありますが、ゴンドラに乗る事もできるので、疲れた時の足代わりに、ちょっとした記念に乗ってみるのもありかもしれません。

 

この大運河購物中心(The Grand Canal Shoppes)は、300以上のショップが並んでいるので、かなり長時間楽しむ事ができる、超大型ショッピングモールです。

 

館内が広すぎて、しかも、ベネチアの風景が再現された町並みになっているので、外にいるのか中にいるのかよく分からなくなるのが特徴的な場所でもあります。

 

 

3000の客室を持つザ・ヴェネチアン・マカオは、全室スイート仕様になっています。

 

一番狭い部屋でも70㎡もあるので、予算を落として一番安い部屋にしても、十分満足感・高級感を得られるので、一度宿泊してみるのもおすすめです。

 

【公式サイトはこちら】

 

 

8位:MGM

 

出典:https://www.booking.com/

 

2018年2月13日オープンの「MGM コタイ」は、宝石箱をモチーフにしたきらびやかなホテルとなっています。総工費はなんと34 億米ドル(約3,829 億円)、スケールが違います。

 

マカオ空港から車で約10分、ホテルまで無料シャトルバスが出ていて、とっても便利な場所でもあります。

 

エントランスを進むと広がるドーム型のアトリウムになっていて、大型LEDスクリーンには、世界各地の雄大な自然が映し出されています。

 

ホテルの至る所には300点以上のアート作品が飾られており、マカオにある8つの観光名所が描かれた「Eight View of Macau」もあります。人気の撮影スポットと言われている場所です。

 

客室は全1390部屋で、ゴージャスな外観から、内装も全て金なのかと思いきや、木の温もりを感じる落ち着いた空間となっています。良い意味で期待を裏切られた人も多いようです。

 

リゾートスイートはもちろん、スタンダードのお部屋もゆったりと贅沢な広さとなっています。

 

【公式サイトはこちら】

 

 

7位:マカオ・ポンテ・16

 

出典:https://www.agoda.com/

 

ポルトガル人が最初にマカオに降り立った場所と言われ、今でも古き良きマカオの街並みを色濃く残す下町に誕生したマカオ・ポンテ・16。

 

ホテルの外観はポルトガル様式の建物を現代風にアレンジしてあり、100年以上経た古い住宅が立ち並ぶこのエリアではひときわ目立つ存在です。

 

金色溢れる中国風装飾と、大理石やガラス細工を使った現代ヨーロッパ風デザインが調和したホテルロビーは、波打ちながら長く伸びるレセプションを中心に贅沢なスペースになっています。

 

ロビー内の照明器具、家具、絵画などはすべて、派手過ぎず、シンプル過ぎず、ほどよく高級感があってとても上品なものばかりです。

 

ラスベガスや中国とは違う、フランスからやってきたホテルの誇りが垣間見られるロビーとなっています。

 

こちらのカジノは地元の人でも入館できるので、近隣住民が利用しており、いつも満員となっている人気店でもあります。

 

また、マイケル・ジャクソンが初ライブで使用したグローブが飾られている、世界的に見ても有名なカジノとなっています。

 

このグローブを落札したことで、このカジノが世界の有名カジノ店に名を連ねることになったと言われています。

 

このような名物もあることから分かるように、建物や内装も非常に豪華となっています。

 

日本人観光客がほとんどいない、隠れた穴場スポットにもなっていますのでおすすめです。

 

【公式サイトはこちら】

 

 

マカオのおすすめカジノホテルの場所ランキングTOP6-4

 

6位:リオホテル&カジノ

 

出典:https://www.tripadvisor.jp

 

こちらはマカオの中心街に2006年にオープンした新しめのホテルになっており、ヨーロピアンスタイルを取り入れた日本人観光客にも人気のホテルです。

 

夜になるとカジノ特有のネオンに包まれて、気分が高揚すること間違いなしでしょう。

 

ホテルの中に併設されていることもあって、カジノの雰囲気は落ち着いているのが特徴です。

 

高級感を感じさせる装飾が随所に見られ、ホテルと同じようにヨーロピアンスタイル風のカジノとなっています。

 

4つ星ホテルにも選ばれており、カジノのサービスはもちろんのこと、宿泊でも必ず満足するホテルとなっています。

 

カジノエリアはホテルのロビー、1階、2階と3つに分かれていて、バカラや大小などをプレイできるテーブルゲームが約100台、スロットマシンが約150台備えられています。

 

イタリアンデザインのオシャレな温水プールや、タイバ島を臨む景色を楽しみなら最新機器で汗を流すことができるジムは、宿泊客であれば無料で利用することができます。

 

【公式サイトはこちら】

 

 

5位:サンズ・マカオ

 

出典:http://www.casi-navi.com/

 

ラスベガスのカジノ事業を手掛けている有名なサンズ社がプロデュースした、マカオ初のラスベガス風カジノとなっています。

 

サンズ・マカオは、2004年5月にオープンしたリゾートホテルとなっており、マカオ内にあるカジノの中でも1~2位を争うほど壮大なスケールの超一流カジノリゾートです。

 

外観は全体がゴールドカラーのウィンドウに包まれたまばゆいリッチな雰囲気で、施設内は吹き抜け式の開放感溢れる空間です。ゆったりとした心地よさを感じられるのでおすすめです。

 

 

ダイニングとベットルームと隣接するリビングルームのサイズが60平方メートルの広さを持つ、デラックスルームが存在します。

 

バスルームには、独立したレインフォレストシャワーやジャグジーなどもついており、リラックスした環境が整っています。

 

館内には、コーヒーショップ、バー、パブ、ナイトクラブ、プールサイドバー、屋外プール、サウナ、サロン、スパなどの多くの施設が存在しているので、1日中楽しめちゃいます。

 

アジア料理、タイ料理、中華料理、伝統的なマカオ料理、ビュッフェも楽しむことができます。

 

特に、ヴェネチアン・マカオ・ホテルにも入店しているカジノ場内レストラン「EDO JAPANESE RESTAURANT(江戸日本料理)」が有名です。訪れた際は是非立ち寄ってみてください。

 

施設内の各階にカジノフロアが存在していて、G階~3階までのフロアは吹き抜け式の構造となっているため、マカオ内のカジノの中でも特にスケールの大きさを感じることができます。

 

【公式サイトはこちら】

 

 

4位:シティ・オブ・ドリームズ・マカオ

 

出典:https://www.booking.com/

 

マカオの各地から無料シャトルバスが運行され、マカオ国際空港から最も近い場所に位置するカジノリゾート施設であるシティ・オブ・ドリームズ。

 

2009年6月末に開業し、36階建ての2つのタワーで構成されたホテルで、都会的なイメージが強く、派手なデコレーションやギラギラとしたネオンで輝く独特の世界観を体現しています。

 

 

2010年9月からは、施設内の専用シアターで本格的エンタテイメントショー「The House of Dancing Water(ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター)」が開幕されています。

 

ラスベガスで大絶賛された水を使ったショーをいくつも手掛けるフランコ・ドラゴーヌ・エンタテイメント社が制作したもので、製作費約20億円の大がかりなショーとなっています。

 

テーマは「時空を超えたラブストーリー」、マカオらしさに中国の伝統を取り入れた作品で、とても壮大なスケールのスペクタクルショーです。

 

マカオに来たら「必見」と呼べるほどの有名なショーとなっているので、是非一度鑑賞してみてくださいね。

 

 

カジノは2フロアで構成されており、1階部分がシティ・オブ・ドリームズ・カジノ、2階部分がハード・ロック・カジノとなっています。

 

2階のハード・ロック・カジノは、名前の通り「ロック」が持ち味のカジノフロアで、有名なアーティストが使用していた楽器や衣装などの展示物に囲まれながらカジノゲームを楽しめます。

 

【公式サイトはこちら】

 

 

 

マカオのおすすめカジノホテルの場所ランキングTOP3-1 

 

3位:シェラトン・グランド・マカオホテル,コタイセントラル

 

出典:https://hotels.his-j.com/

 

シェラトン・マカオホテルは、2012年5月に開業したホテルです。

 

39階建てのタワーが敷地内に3棟並んでおり、館内には日本語を話せるスタッフもおり、日本人の旅行客にはとても人気なホテルの1つとなっています。

 

コタイ・ストリップの芝地沿いに建てられており、その外観は近未来的かつ独創的な雰囲気です。

 

しかし、その外観からは想像できないほど、ところどころに緑が溢れており、自然と一体化したこの空間では南国のリゾートそのものの雰囲気を体感することができます。

 

デラックスルーム、シェラトンクラブルーム、スイート、クラブスイート、プレミアムスイートの5種類の部屋があり、総客室数は合計4001室と、マカオの中でも最大級のリゾート施設です。

 

 

カジノフロアは、シェラトンホテル側の「パシフィカ」、コンラッド・ホリデイイン側の「ヒマラヤ」の2つに分かれ、カジノフロア内は広すぎず混み過ぎず遊びやすい空間になっています。

 

遊べるゲームの種類は、定番のブラックジャック、バカラ、ルーレット、スロット、ポーカーなど、その他にもたくさんのカジノゲームで遊ぶことができます。

 

【公式サイトはこちら】

 

 

2位:ギャラクシー・ホテル・マカオ

 

出典:https://www.tripadvisor.jp/

 

ギャラクシー・ホテル・マカオは、2011年5月に開業した33階建てのホテルで、ギャラクシー・マカオに存在する5つ星ランクホテルの中で、最もリーズズナブルな料金で宿泊できます。

 

とにかく巨大なタワーとなっており、空に向かってそびえる金色に輝くタワーは、陽の光を受けてきらきらとゴージャスに光るビジュアルとなっています。

 

夜には、タワー全体が美しくライトアップされ、幻想的な雰囲気を見せてくれます。

 

世界最大級の屋外プールがあり、川や海のようにプールが広がっており、緑豊かな南国の植物が生い茂る、まさに東南アジアのリゾート気分を味わえる大規模なプールサイドとなっています。

 

【公式サイトはこちら】

 

 

1位:フォー シーズンズ ホテル マカオ

 

出典:https://hotelista.jp/

 

フォーシーズンズ ホテル マカオは、「マカオの奇跡」とも呼べるホテルとなっています。

 

その造りは世界のフォーシーズンズとコンセプトを同じくし、完全なフォーシーズンズクオリティを提供しています。

 

5つあるプールの中には子供用の浅いプールや滝のあるラグーン、冬場は温水になっているプールなどがあります。

 

印象深いのはプールサイドにある13のカバナで、プールサイドでロマンチックな時間を過ごすにはピッタリです。

 

プールや外観などはマカオの歴史などを踏まえたデザインになっており、噴水やタイルなどポウサダスタイルを感じさせる要素もあります。内部とのギャップが人気の理由だそうです。

 

【公式サイトはこちら】

 

 

まとめ

 

マカオにあるカジノ併設のおすすめホテルを紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

カジノの雰囲気だけ…という方も、こういったホテルに泊まってみるのもとても良いと思います。

 

基本どのホテルも本当に豪華で、中にショッピングモールなどある場所が多く、カジノ以外でも楽しむことができるのでおすすめです。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

マカオのホテルおすすめランキングTOP20!施設や設備・近場の観光地も総まとめ【最新版】

マカオの観光スポット人気おすすめランキングTOP22!見どころや特徴も徹底紹介【最新版】

マカオの人気グルメ&レストランおすすめランキングTOP15!ポイント・相場や立地も徹底紹介【最新版】

女子に人気のマカオのお土産おすすめランキング24選!コスメ・雑貨・スイーツ・飲み物を紹介【最新版】

マカオのお土産おすすめランキング24選!お菓子・雑貨・飲み物・食料品を一挙紹介【最新版】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

東方神起5人の現在&メンバー人気順まとめ!名前やプロフィールも徹底紹介

韓国スニーカー人気ブランド15選!レディース・メンズ別【オルチャン】

AB6IXメンバー人気順TOP5とプロフィール<2020最新版>ドンヒョン・ウン・ヨンミン・デフィ・ウジン

【K-POP】ブサイクな韓国男性アイドルランキングTOP30【2020最新版】

韓国Fly to the Skyの人気曲12選!メンバーの整形とプロフィール&アルバム4選も紹介

Red Velvetの人気曲ランキングTOP16【動画付き・名曲集】

15&が解散?メンバーの不仲説&ジミンとイェリンの現在やプロフィールまとめ

チチャンウク出演のドラマ&映画一覧おすすめランキング9選【2020最新版】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

マカオの観光スポット人気おすすめランキングTOP22!見どころや特徴も徹底紹介【最新版】

女子に人気のマカオのお土産おすすめランキング24選!コスメ・雑貨・スイーツ・飲み物を紹介【最新版】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す