中国旅行の観光スポットおすすめランキングTOP41!世界遺産や見どころも徹底紹介【最新版】

中国には美しい雄大な自然や歴史を感じられる世界遺産はもちろん、魅力的な観光スポットがたくさんあり、旅行前にチェックしておくことが大切です。

 

今回は中国旅行でおすすめの観光スポットをランキング形式で41カ所紹介します。

 

中国旅行の観光スポットおすすめランキングTOP41-36

 

41位:紅海灘風景区

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

中国盤錦市から30kmほど南西に行ったところに位置する紅海灘風景区は、総面積100平方キロメートルにも及ぶ世界最大規模の湿地帯です。

 

渤海の最奥部に当たり、遼河とその分流・双台子河と小凌河の三大河からなる大三角州の一部です。延々とヨシ原が見渡せる「葦原湿地景区」・「鴛鴦溝景区」なども含まれます。

 

水鳥の姿も見られる癒されるスポットで、別名「海の紅葉」・「紅の砂浜」・レッドビーチ(RedBeach)とも呼ばれ、自生するマツナの赤い色が特徴的です。

 

マツナとはアカザ科の一年草で、春には淡い赤・夏には紫色、秋の9月~10月頃には深紅に変化します。赤く色付き始める9月から深紅になる10月は、観光に最適のシーズンです。

 

 

40位:南山牧場 (ウルムチ)

 

出典:http://pic.pimg.tw/

 

新彊稚吾爾自治区に位置する南山牧場は、天山山谷の北麗に広がる景勝地です。白楊溝という渓谷にある観光牧場で、避暑地としても知られています。

 

遊牧民であるカザフ族の暮らしぶりなどを見ることができます。夏には伝統的なパオで住み、羊を放牧してミルクを飲みます。季節が変わればまた移動します。

 

ウルムチから南に60km離れた場所で、夏場は一面に広がる緑の草原が見渡せます。雄大な景色を楽しめるスポットです。

 

 

39位:磁器口古鎮(重慶)

 

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

 

重慶郊外の嘉陵江沿いに位置する磁器口古鎮は、下町の風情漂う古い町並みが魅力的で、昔ながらの中国の雰囲気を感じられるスポットとして人気があります。

 

かつては「龍隠鎮」と呼ばれ、明・清の時代に磁器の生産や搬送が盛んであったことから「磁器口」と名称が変わったそうです。「古鎮」とは、中国語で古い街を意味します。

 

明の時代には商業港として栄え、清の時代には地元の工芸品などの運搬が主要となったそうです。

 

重慶中心部から地下鉄1号線を使用して30分強のところにあり、中国っぽい!と思える風景に出会えます。観光客だけではなく地元民も訪れ、常に人で賑わっています。

 

現在でも磁器を扱うお店がたくさん見られます。ハンドクラフトのお店もあり、名残を感じられそうです。

 

磁器口古鎮にはお茶屋が多いので、休憩しながら観光できるのも嬉しいですね。色々な食べ物屋さんもあり、食べ歩きも楽しめます。

 

 

38位:大足石刻(重慶)

 

出典:https://cdn.4travel.jp/

 

四川省の成都と重慶の間に位置する大足石刻では、崖に彫られた中国三大宗教の石刻群が見られるスポットとして知られています。

 

宋代に彫られた約5万体余りの摩崖石刻像が分布しており、1999年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された仏教石窟です。

 

649年~明清代(14〜19世紀)まで石刻が増え続け、5万体にも及ぶ規模になったそうです。

 

仏が涅槃に入る時の様子や、仏の弟子などが表現されており芸術的です。また、宝頂山にある仏陀の入滅を描いた釈迦涅槃像は、31メートルもの大きさで圧倒されることでしょう。

 

彫刻された石仏は仏教に関するものがほとんどですが、道教の神々の像もあるとされています。

 

重慶から約120kmの場所にあり、宝頂山の入口からは電動カートで入ります。

 

 

37位:胡同(北京)

 

出典:http://www.osumi.or.jp/

 

中国北京东城区に位置する、胡同(フートン)と呼ばれる路地・横丁です。

 

北京の古い町並みがあり、庶民の生活や歴史文化などを垣間見ることができるスポットです。

 

元~清の時代に作られたものがほとんどで、故宮を中心にした通りが縦横に配置されています。

 

北京には7000余りもの胡同があり、色々な名付け方をされているのも面白いところです。胡同ごとの歴史を感じられます。色々な胡同が混じり合い、当時の生活を物語っているようです。

 

三輪車(人力車)もあるため、胡同周辺を周りながら観光するのも楽しそうですね。

 

 

36位:コロンス島(厦門)

 

出典:https://pds.exblog.jp/

 

アモイ島の西南部の沖合い500mに位置するコロンス島は、1902年に共同租界地として定められた場所で、中国以外の建築も取り入れた建築文化が発展している美しい島として人気です。

 

別名「ピアノ島」とも呼ばれ、厦門で一番人気の観光地として知られているだけあって、中国や世界各国からの観光客が訪れています。

 

そんなコロンス島には、侵食を受けて真ん中に大きな縦穴が開いている岩山の鼓浪石(ころうせき)があります。

 

潮の満ち引きで波が岩に叩きつけられた時に、

太鼓のような音が響くことから鼓浪嶼(コロンス島)と呼ばれるようになったそうです。

 

島の南西には鼓声路という道があり、太鼓の音がすることで知られています。

 

植民地時代の雰囲気が残る不思議な景観を感じられるスポットです。旧日本領事館やオランダ領事館・スペイン領事館・イギリス領事館も残っています。

 

 

中国旅行の観光スポットおすすめランキングTOP35-31

 

35位:八達嶺長城

 

出典:https://tabinaka.co.jp/

 

北京市の北西部延慶区に位置する長城です。この地区の長城は首都の防衛のため、王朝の威厳を示すために造られたとされています。

 

世界遺産にも登録されている場所で、標高1015mの北八楼が人気です。北八楼から眺める、八達嶺長城はとても雄大です。長城付近の山々に見られる自然も美しく、楽しみながら歩けます。

 

少し険しい道のりですが、両側の山の上まで観光用のロープウェイがあり、観光客にも人気があります。

 

麓には長城博物館があり、長城の入場券を提示すれば無料で入場できます。砲台跡や大砲が展示されており、八達嶺長城の歴史を感じることができます。

 

南側の麓に行くと熊楽園という施設もあり、ここも人気のスポットとなっています。

 

場所的に訪れる季節に気を付けたいところですが、気候が良ければ素晴らしい景色を満喫しながら歴史や芸術性を楽しめるスポットです。

 

 

34位:国際大バザール(カシュガル)

 

出典:https://cdn.4travel.jp/

 

新疆ウイグル自治区の西の端に位置する、カシュガルです。東西の文明が交わる交易の場として栄えてきました。

 

カシュガル市に入ると、町中でバザールが広がっています。中でも東門大バザール(日曜バザール)は有名です。

 

広大な敷地内には、土産物や衣類・布・ドライフルーツ・生活雑貨・装飾品など様々な店が軒を連ねています。ラグマンやポロ、ケバブやナンなどが手軽に食べられるのも嬉しいですね。

 

バザールの中には、ウイグルの舞踏など民俗ショーが楽しめる場所もあります。ゆっくりと見て歩きたいスポットです。

 

 

33位:天池 (ウルムチ)

 

出典:https://upload.wikimedia.org/

 

天池は、ウルムチの東方に50kmほど離れた場所にある風光明媚な景観が人気のスポットです。

 

中国のスイスと呼ばれる場所で、雪をかぶった山々や森林と草原の豊かな自然が絶妙です。ボゴダ山の中腹に位置する半月型の自然の山岳湖がある場所としても知られています。

 

森や湖を満喫しながら、乗馬体験をすることもできます。古代の「西王母神話」や民族・習慣などは文化的な遺産でもあります。

 

 

32位:国際大バザール(ウルムチ)

 

出典:https://chinaiwate.com/

 

国際大バザールは中国で最大のイスラム建築群で、シルクロードの交易の歴史を感じられる場所として人気のスポットです。

 

2009年のウイグル騒乱があった場所でもあるため、厳重な手荷物検査が行われています。

 

ウルムチの観光タワーがあり、新疆独特の民族料理や民族工芸品などが楽しめます。

 

色々なお店が軒を連ね、多種多様なものが売られています。中欧アジア全域のお土産が手に入るので観光客にも人気です。

 

輝かしい装飾が印象的なウイグル族の工芸品や民族衣装から、トルコ絨毯・マトリョーシカなどキラキラしたものが目に付きます。

 

中央アジアを感じさせる調度品など、アラブと中央アジアと東欧が入り交じった独特の雰囲気が楽しめるはずです。

 

ウイグルハットやウイグルナイフ、弦楽器など色彩豊かなカラフルなグッズがたくさん並んでいます。

 

 

31位:福建土楼(福建省)

 

出典:https://rr.img.naver.jp/

 

中国福建省南東部の山間にある福建土楼は、漢民族の末裔である客家が異民族の侵入を逃れ、山岳地帯に建てた住居とされています。

 

城壁に囲まれた円型の構造は、盗賊から身を守る要塞の役割を果たしていたそうです。現在も80以上の家族が生活をしています。

 

12~20世紀にかけて建てられたものがほとんどで、大きな長方形か円形の建物です。厚い土壁(180センチ以上)と、木の骨格が特徴的です。

 

土楼は通常、外部立ち入り禁止となっており、楼の数は46を数えます。2008年に、福建の土楼としてユネスコの世界遺産に登録されました。

 

 

中国旅行の観光スポットおすすめランキングTOP30-26

 

30位:麗江古城(雲南省)

 

出典:https://traveldiary.tokyo/

 

世界文化遺産である麗江古城は、かつては少数民族のナシ族の王都として栄え、現在でもナシ族の人々が多く住んでいます。

 

近隣のチベットや白族・漢族の影響を受けながら、ナシ族の政治・経済・文化の中心地となっていた場所で歴史を感じられるスポットです。

 

麗江の旧市街の建築物のほとんどが1~3階建てになっており、木造瓦葺きです。密集した住居は、4156戸も並んでいます。

 

仏教や道教の仏像があったり、少数民族が描いた麗江壁画が残っています。また、ニメ「千と千尋の神隠し」の舞台になった街としても知られています。

 

 

29位:洪崖洞(重慶)

 

出典:https://media-cdn.tripadvisor.com/

 

重慶にある洪崖洞は、レストランやホテル・土産物屋などが入った商業施設です。アニメ「千と千尋の神隠し」を思わせる情緒を感じる場所で、観光客にも人気のスポットです。

 

洪崖洞の中は11階もあり、かなり入り組んでいて目的地に着くのが大変です。見て歩くだけでも、時間があっという間に過ぎてしまいます。景色を見ながら階段を下りるのも良いでしょう。

 

午後はまったりとした雰囲気が漂っています。夜はライトアップが美しく煌びやかですので、夜の時間帯を楽しむのもおすすめです。

 

 

28位:四川ジャイアントパンダ保護区(四川省)

 

出典:http://blog-imgs-13.fc2.com/

 

邛崍山脈と夾金山脈を挟んだ、7つの自然保護区と9つの自然公園からなる四川ジャイアントパンダ保護区です。

 

面積は9245km²にも及び、絶滅危惧種であるジャイアントパンダの30%以上にあたる約500頭が生息しています。

 

ジャイアントパンダは、中国にあるユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されており、この地での繁殖が最も盛んです。パンダと触れ合えるプログラムもあり、人気スポットとなっています。

 

ジャイアントパンダの他にも、レッサーパンダ・ユキヒョウ・ウンピョウなどの絶滅危惧種の保護地域でもあります。2006年7月に世界遺産に登録されています。

 

 

27位:漓江下り(桂林)

 

出典:https://www.his-j.com/

 

桂林市内を流れる川、漓江(りこうは、世界でも有数の川下り観光コースとして、中国独特の風景と共に楽しめる人気のスポットです。

 

雨季の4~7月上旬くらいまでは水位が高いため観光に最適で、遊覧船で陽朔まで下ることができます。

 

また、夏から10月頃までは川沿いの景色がくっきりと現れやすくなり、晴れていれば両岸の山が漓江の水面に映り込み、山水画のような景色を堪能できます。

 

季節ごとに色々な表情を見せてくれる漓江は、とても神秘的で癒されます。

 

遊覧船での観光時間は4.5時間ほどで、冠岩や童子拝観音・九馬画山の他、新版人民幣20元札の裏に描かれている風景を楽しめます。

 

漓江で人気の高い遊覧船は4つ星と3つ星のもので、4つ星を選べば最新の設備が揃っています。

 

 

2014年に「世界遺産中国南方カルスト」として加えられています。

 

 

26位:武陵源(湖南省)

 

出典:https://tour.club-t.com/

 

中国の湖南省、張家界市に位置する武陵源です。「武陵源の自然景観」は、世界遺産に登録されています。映画「アバター」の惑星のモデルになったことでも知られています。

 

総面積は約264km²にも及び、高さ200メートルを超える岩の柱が3100本以上も林立する岩山の世界は圧巻です。

 

麓には渓流が流れて豊かな自然が広がり、色々な生き物が生息しています。「仙境の縮小版」と称される美しさです。

 

岩山の絶景は、地殻変動や雨風などで長い長い年月をかけて形作られてきました。かつては少数民族だけが暮らす秘境だった場所で、戦乱から逃れるために暮らし始めたと言われています。

 

絶景を眺めながら、こうした歴史や伝説を感じることができるスポットです。

 

 

中国旅行の観光スポットおすすめランキングTOP25-21

 

25位:長江三峡クルーズ(重慶)

 

出典:http://www.caravan-travel.co.jp/

 

長江の中流・長江三峡を船で下る長江三峡クルーズは、三峡(重慶から湖北省にかけて連なる3つの大峡谷)の景色を楽しめる人気のスポットです。

 

長江沿いには三国誌の舞台となった遺跡や寺廟が点在しており、沿岸の景色や断崖絶壁の絶景とともに遺跡で古代のロマンを感じられるでしょう。

 

劉備が没した白帝城を観光したり、三国時代の関羽が守っていた荊州古城は、現在も市民が暮らしていたり歴史に触れることができます。

 

1700年にも及ぶ歴史がある黄鶴楼は、武漢随一の名所として人気があります。町並みと美しい長江が一望できるスポットです。

 

船から絶景を眺めるクルーズは、かつて「天然画廊」「人間仙境」として親しまれてきました。

 

唐の詩人である李白が題した「早に白帝城を発す」で、三峡下りを詠んだことでも有名です。

 

 

24位:ポタラ宮(ラサ)

 

出典:https://worldheritagesite.xyz/

 

1642年にチベット政府が成立してから、本拠地として十数年をかけて建設された宮殿です。

 

チベットの中心地であるラサのマルポリの丘の上に位置し、建築面積1万3000km²という世界最大級の建築物として知られています。

 

チベット仏教・チベット在来政権の中心であり、内部にはたくさんの壁画や霊塔・彫刻・塑像があるチベット芸術の宝庫でもあります。

 

標高3,700mに位置しており、宮殿の遺跡をダライ・ラマ5世が増補・拡充しながら建設されました。内部の部屋数は2000とも言われています。

 

歴代ダライラマの冬の宮殿として、チベット仏教・チベット在来政権の中心的な役割を果たしてきました。1994年にはユネスコ世界遺産に登録されています。

 

 

23位:莫高窟(敦煌)

 

出典:http://isekineko.jp/

 

中国甘粛省敦煌市の近郊にある仏教遺跡です。4世紀から約千年間に渡り、元時代まで彫り続けられたとされています。

 

492の石窟に彩色塑像と壁画が保存されており、大小様々です。仏教美術としては、世界最大の規模となります。1900年には、敦煌文書が発見されたことでも有名になりました。

 

1987年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

 

雲崗石窟、龍門洞窟とともに中国三大石窟の1つに数えられます。

 

20世紀で最も価値のある発見であり東方のルーヴル宮殿と称される莫高窟は、精巧に作られた美しい壁画や仏塑像が見られる人気のスポットです。

 

 

22位:峨眉山と楽山大仏(四川省)

 

出典:https://d1d37e9z843vy6.cloudfront.net/

 

ユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録されている、峨眉山と楽山大仏です。

 

中国国内の四大仏教聖地の1つであり、中国三大霊山の1つとしても知られている峨眉山は雄大で自然豊かな山です。

 

この峨眉山から数十km離れた場所に楽山大仏があります。世界最大の磨崖仏とされており、高さは約71mにも及びます。頭だけでも14.7mもあり、神秘的であり見ごたえがあります。

 

地域一帯が聖地だったため、地域の自然が守られており良い状態を保っています。

 

後漢時代から仏教寺院が建設されており、南宋時代に最盛期を迎えています。楽山大仏と場所は離れていますが、複合遺産として登録されています。

 

数種類の絶滅危惧種も生息しており、植物も豊かです。峨眉山の自然が豊かなところも評価されています。癒される人気のスポットです。

 

 

21位:広州塔(広州)

 

出典:https://www.goabroadfromjapan.com/

 

中国広東省広州市海珠区の赤崗塔近くの珠江南岸にある塔で、全高600m・棟高454mの高さを誇ります。東京のスカイツリーができるまでは、世界一高い電波塔として知られていました。

 

テレビ・ラジオなどの放送や通信施設だくでなく、展望台・展示場・ホテル・回転レストラン・立体映画館・ゲームセンターなどたくさんの施設が充実しています。

 

傾斜した屋上の楕円のふちにある球形の乗り物でゆっくり周回する、世界一高い観覧車もあり人気のスポットとなっています。

 

この他にも、展望台屋上から突き出たマスト部分にレールを付けた世界一高い場所にあるフリーフォールも登場しています。

 

夜は美しくライトアップされ、夜景とともに楽しむのも良いでしょう。

 

 

中国旅行の観光スポットおすすめランキングTOP20-16

 

20位:タシュクルガン

 

出典:https://cdn.4travel.jp/

 

中国からパキスタンへの入り口となる国境の街、タシュクルガンは、パミール高原の東部・カラコルム山脈・ヒンドゥークシ山脈などの山合いに位置しています。

 

遊牧民タジク族が生活しており、他の都市とはまったく違った文化が見られます。

 

漢の時代、タシュクルガンは蒲犁として知られ、シルクロード上のオアシスの1つでした。唐の時代にはパルティアの保護国となり、元の時代にはチャガタイ・ハン国の一部となりました。

 

1954年に、タシュクルガン・タジク自治県はカシュガル地区の一部として創設されています。

 

カラコロムハイウェイの入り口に並ぶ雄大な山々や、鮮やかな緑の湿地帯など絶景が見られるスポットとして人気です。

 

 

19位:北京路千年古道(広州)

 

出典:https://media-cdn.tripadvisor.com/

 

広州越秀区北京路の繁華街の真ん中にある北京路千年古道は、昔ながらの商店街で歩行者天国になっていますが、南越国や秦の時代の遺跡が見られる珍しいスポットとして人気があります。

 

北京路の2ヶ所に大きなガラス張りの展示スペースがあり、昔の古い道が展示されています。

 

1400mある大通りは人が多く、1日の平均約40万人が訪れるそうです。祝日にもなると、60~100万人が訪れると言われています。雰囲気を楽しみながら街歩きすると楽しめそうです。

 

 

18位:天壇(北京)

 

出典:http://www.cnta-osaka.jp/

 

北京市東城区にある史跡で、明清時代の皇帝が天に対して祭祀を行った宗教的な場所です。敷地面積は約273万km²にも及び、1998年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

 

1420年に、明の永楽帝が建立したと言われています。

 

皇帝が天を祭る儀式を執り行う場所とされた圜丘壇や、祭事が行われる際、壇の上に置かれる天の神や歴代の皇帝の位牌を安置していた皇穹宇などがあります。

 

天壇で最も有名な建造物の祈年殿は、皇帝が正月の上辛五穀豊穣の祈りを捧げたとされます。直径32m・高さ38mにも及ぶ広さで、25本の柱で支えられた現存する中国最大の祭壇です。

 

 

17位:秦の始皇帝陵と兵馬俑坑(西安)

 

出典:http://www.cnta-osaka.jp/

 

ユネスコの世界遺産(文化遺産)でもある、秦始皇帝の陵(墓)と兵馬俑坑です。

 

中国史初の皇帝である秦の始皇帝の墓で、近辺には8000体もの兵馬俑が埋葬されていました。兵馬俑は20世紀最大の考古学的発見の1つであり、1974年に地元の住民に発見されています。

 

兵馬俑坑は陵を取り巻くように配置され、2万m²あまりにも及ぶ大規模なものです。

 

3つの俑坑には戦車が100台あまり、陶馬が600体・武士俑は成人男性の等身大で約8000体もあり、すべて東を向いています。

 

また、史記では始皇帝の遺体安置場所近くに水銀の川や海が作られたと記されていたそうで、1981年の調査では水銀の蒸発が確認されています。

 

歴史の謎や真実など、様々なものを垣間見ることができるスポットです。

 

 

16位:上海環球金融センター(上海)

 

出典:http://www.shanghaikanko.com/

 

上海浦東地区に位置する上海環球金融センターは、地上101階、高さ492mの高さを誇る超高層ビルです。世界最高水準の国際金融センター機能を中心に、様々な施設が展開しています。

 

7階~77階まであるオフィスや、世界一の高さを誇る展望台・地下にあるバラエティ豊かなショップやレストランがあります。高層階にあるホテルでは、黄浦江と浦東の景色が魅力的です。

 

情報センターとしての役割も果たしています。

 

474mの高さにあるスカイウォーク100では、ガラス張りの廊下から上海を一望できます。全長約55mのガラス張りの通路が3本あり、鳥の目線で摩天楼を楽しめる感覚が人気です。

 

地下1階にある施設では、最先端のマルチメディア技術で上海の姿を表現したスカイゲートが楽しめます。世界でもっともリアルな都市模型の展示を見ることができます。

 

 

中国旅行の観光スポットおすすめランキングTOP15-11

 

15位:七彩山

 

出典:http://media.sign.jp/

 

甘粛省の張掖丹霞国家地質公園にある七色山は、張掖丹霞地貌という赤い堆積岩からなる美しい縞模様の地層が特徴的なカルスト地形が見られます。

 

地質に含まれる鉱物が、シルクロードの強い日差しを浴びてストライプ模様に反射するのだそうで、神秘的な場所です。

 

2002年に発見されましたが2008年までは一般公開されていなかったため、あまり知られていない穴場スポットです。

 

夕陽が大地を染めてゆく様が美しく、色々な形の地層が赤のグラデーションを生みだします。沈む夕陽が陰影を写し出し、中国のグランドキャニオンとも呼ばれる絶景です。

 

 

14位:桂林

 

出典:https://foreignexpress.info/

 

石灰岩のタワーカルストの景色が美しい中国南部の都市、桂林です。

 

中心部には、杉湖と榕湖の2つの湖があります。湖をつなぐ川を下る観光船で、湖などを巡ることができる人気の観光スポットです。

 

夜には、杉湖のほとりにある日月双塔がライトアップされ一層幻想的です。水彩画のような美しい風景をゆったりと楽しめます。

 

近くを流れる漓江は、たくさんの人気映画のロケ地としても使われています。

 

漓江を下り陽朔に行くと、たくさんの西洋人で賑わっています。メインストリート・陽朔西街では、土産物屋やパブ・コーヒーショップなどが立ち並び、夜になるほど賑わいを増します。

 

おしゃれなお茶屋や調味料などを販売するお店もあり、お土産を買うにもおすすめのスポットです。

 

 

13位:天安門(北京)

 

出典:https://tabinaka.co.jp/

 

北京中心部に位置する世界で最も大きな広場、天安門です。南北に880m・東西に500mあり、その総面積は40万平方メートルにも及びます。

 

中国の式典などが行われる場所として、観光にも人気のスポットです。世界遺産に登録されている故宮(紫禁城)の正門でもありました。

 

門の中央には、毛沢東氏の肖像画があり、赤色の城壁と橙色の屋根が印象的な巨大な門です。

 

高さ約12メートルもの城壁の上には2層の楼閣があります。明や清の時代に、皇帝の即位や法律の制定など重大な詔書が発せられたと言われています。

 

1949年10月には、この楼閣から毛沢東氏が中華人民共和国の成立を宣言したことでも知られています。世界的にも有名な建造物です。

 

 

12位:九寨溝

 

出典:https://www.his-j.com/

 

中国四川省北部のアバ・チベット族チャン族自治州九寨溝県にある、自然保護区でもある九寨溝です。ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されています。

 

標高3400mから2000mの渓谷に、大小100以上の沼が連なるカルスト地形の淡水の湖水地帯が広がります。

 

Y字状に分岐した谷には流れ出た水が滝になり、棚田状に湖沼が連なっています。

 

水は透明度が高く、山脈からの石灰岩の成分(炭酸カルシウム)が沈殿しています。そのため微生物が生息せず、日中には青色、夕方にはオレンジ色の色彩が見られる神秘的なスポットです。

 

植物なども自生し、独特の景観を楽しめます。ジャイアントパンダの生息地としても有名です。

 

 

11位:頤和園(北京)

 

出典:https://img-cdn.guide.travel.co.jp/

 

北京市街地の中心部に建つ故宮(紫禁城)の北西に位置する広大な庭園、頤和園です。1998年に、ユネスコの世界遺産に登録されています。

 

清朝第6代皇帝の乾隆帝が、母親の還暦祝いに造営したこの庭園は江南地方の風景を模して造られたと言われており、中国四大名園の1つで、総面積は290ヘクタールにも及びます。

 

広大な庭園の約4分の3を占める人口の湖もあります。周囲には鮮やかな中国風の建築物があり、美しい景観を作り上げています。

 

長廊と呼ばれる通路には、全長約728mにも渡って美しい壁画が施されています。ぜひ訪れておきたいスポットです。

 

 

中国旅行の観光スポットおすすめランキングTOP10-6

 

10位:黄龍

 

出典:https://www.his-j.com/

 

玉翠山麓の渓谷沿いにある黄龍には、3,000を越える池や沼があり、その連なる様は龍のウロコにも例えられています。

 

カルスト地形が作り出した石灰分によってでき上がった美しい自然を楽しめます。エメラルドグリーンや黄金に輝く水は、自然と調和して神秘的な空間を生み出しています。

 

約7kmにも渡る棚田のような池は、それぞれ水深や光線が違い、見る角度などによって絶妙な色合いを生み出しています。

 

黄龍では黄金の龍の鱗のような岩肌を眺めながらハイキングすることもでき、人気のスポットとなっています。

 

ジャイアントパンダの生息地でもあり、世界遺産と生物圏保護区にも指定されています。

 

 

9位:万里の長城

 

出典:https://img-cdn.guide.travel.co.jp/

 

城壁の遺跡で、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている万里の長城は、2007年には新・世界七不思議にも選ばれている神秘的な場所でもあります。

 

その規模も歴史も圧倒的な大きさで、人類史上最大の建造物と言われています。

 

紀元前3~17世紀に渡り築かれてきた長城は、中国の歴代王朝が北方民族の侵略を防ぐために作ったとされています。その全長は2万kmにも及びます。

 

山にそびえ立つ姿は雄大であり、芸術性や歴史を感じることができる人気のスポットです。

 

 

8位:西湖

 

出典:https://d1d37e9z843vy6.cloudfront.net/

 

中国の杭州市にあり、ユネスコ世界遺産である西湖は、湖を取り囲む山々や、湖畔・湖上にある廟や宝塔が美しい風景を生み出している場所です。

 

その歴史は古く、史記にも残るほどの伝承もあります。中国の歴史を感じられるスポットとして人気があります。

 

西湖十景と言われる、季節毎に移ろう景色は見る者を魅了します。

 

春は朝靄の中に見える枝垂れ柳と桃が何とも幻想的であり、秋は水面に映りこむ月が美しく趣きのある茶室が雰囲気を引き立てます。

 

何度訪れても違った姿で楽しませてくれるスポットです。

 

 

7位:故宮博物院(北京)

 

出典:https://img-cdn.guide.travel.co.jp/

 

北京の紫禁城(故宮)に保管されていた歴史的文化財を保存・展示している、中国最大規模の博物院として人気の観光スポットです。

 

明・清朝時代は歴代皇帝の居城であり、城壁に囲まれた広大な敷地内には、南北の中軸線に沿って美しい宮殿が左右対称に配置されています。部屋数は8704室にも及ぶと言われています。

 

外朝の中心にある太和殿は高さ35m・間口66mにも及び、中国最大級の木造建築物です。皇帝の大典が執り行われるなど、歴史を感じられます。

 

 

6位:京杭大運河(杭州)

 

出典:https://cdn.4travel.jp/

 

中国の北京から杭州までを結ぶ、総延長2500kmにも及ぶ大運河です。2500年以上もの歴史があり、世界で最も長く歴史ある運河とされ観光スポットとしても人気があります。

 

黄河と揚子江を横断する運河は、隋の文帝と煬帝が610年に完成させたとされています。運河建設により反乱などもあったようですが、中国統一の基盤となりました。

 

その後も歴代王朝が活用しており、現在も中国の大動脈として利用されています。2014年に世界遺産に登録されました。

 

 

中国旅行の観光スポットおすすめランキングTOP5-1

 

5位:新天地(上海)

 

出典:https://d1d37e9z843vy6.cloudfront.net/

 

1920~30年代に建てられたモダンな石庫門住宅を修復して、旧フランス租界の街並を再現した新天地です。

 

過去と現在が混在する華やかで不思議な空間で、上海のダイニングやファッション・カルチャーなど話題のお店も並んでいます。

 

新しいお店や、リニューアルした定番のお店が続々とオープンしているグルメスポットとしても知られています。

 

フランス租借地の建物が残る街並みはおしゃれな雰囲気で、レストランやカフェもたくさんあります。常に観光客や地元の人で賑わっている場所です。

 

最近では、高級なインテリアや海外の専門店などのお店がメインになりつつあるようです。

 

 

4位:豫園(上海)

 

出典:https://upload.wikimedia.org/

 

上海市黄浦区安仁街に位置する明代の庭園です。「豫園」とは楽しい園を意味しており、面積は約2万m²に及びます。

 

もとは四川布政使の役人だった潘允端が、刑部尚書であった父の潘恩のために造営しています。

1559~1577年まで18年もの歳月を費やしたと言われています。

 

装飾や様式は伝統的で、周辺には中華風の高層建築物が並んでいます。

 

土産物屋や飲食店が軒を連ね、行列ができる小籠包の本家などもあります。いつも活気があり、人で賑わっている場所です。

 

 

3位:外灘(上海)

 

出典:https://upload.wikimedia.org/

 

上海随一の観光エリア・外灘は、中国租界時代に建てられた西洋風の建物が残る、おしゃれな場所として人気のスポットです。

 

100万ドルと称される素晴らしい夜景も人気があります。夜の外灘を楽しむなら、両岸の絶景が楽しめるナイトクルーズもおすすめです。

 

黄浦江の西岸に約1kmに渡って続く中山東一路沿いは、租界時代の姿をそのままに歴史を感じられる代表的な場所です。

 

2000年代から、建物をホテルや商業施設にリノベーションする動きがあり、歴史的な建築物を外側と中から楽しめるようになりました。

 

 

2位:蘇州古典庭園(蘇州)

 

出典:http://www.e-asianmarket.com/

 

ユネスコの世界遺産でもある中国の江蘇省蘇州市にある歴史的な庭園で、マルコ・ポーロが「東洋のベニス」と称えたと言われる美しさは今もなお多くの人を魅了しています。

 

庭園は明や清の時代に建設されたものが多く、個人の趣味で置かれたものだそうです。

 

蘇州は、紀元前514年に呉王が城を築いたことに始まり、隋代に大運河が開かれた後に物資輸送の拠点として繁栄しました。

 

富を得た商人や役人たちは、趣味の庭園造りに競い励んだと言われています。引退後に蘇州でゆっくりと庭園を眺め楽しんでいたそうで、今なお受け継がれる美しさに歴史を感じられます。

 

庭園には豊かな水が使われ、池のある素朴な美しさが人気です。自然を利用して、細部にまでこだわった美しさは息を飲むほどです。

 

 

1位:マカオタワー(マカオ)

 

出典:http://tabizine.jp/

 

中国の特別行政地区として栄える観光都市・マカオは、かつてポルトガル領だった名残が現在も色濃く反映されています。

 

338mもの高さを誇るマカオタワーは、マカオで人気の観光スポットです。

 

展望台からはその街並みが一望でき、そこから見る夜景は絶景ですのでぜひ夜に訪れたいスポットでもあります。

 

棟には、全景を見渡せるデッキ状の展望台やレストラン・映画館・ショッピングモールなどがあり、観光にピッタリです。外縁を探索できる「スカイウォーク・X」というツアーもあります。

 

タワーの233メートル地点からの「スカイジャンプ」や「バンジージャンプ」も楽しむことができ、エンターテイメント性にも優れています。

 

また、世界遺産に登録されている聖ヨセフ修道院及び聖堂も、マカオの人気のスポットですので、あわせて訪れてみるのもおすすめです。

 

 

まとめ

 

中国へ観光旅行に行った際にぜひ訪れてほしい、おすすめのスポットを41カ所紹介しました。

 

どのスポットも魅力的で、近代的であったり古の歴史が保たれていたり、感動を与えてくれそうですね。

 

広大な面積の中国には、まだまだたくさんの観光スポットがあります。ぜひ色々なスポットを巡り、素晴らしい体験をしてみて下さいね。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

マギー・チャン

マギーチャンの現在!若い頃の映画「ポリス・ストーリー」など魅力や受賞歴まとめ

名作!中国映画のおすすめランキング人気TOP50【最新決定版】

リウシーシー(劉詩詩)の現在!旦那ニッキーウーとの子供や結婚式も総まとめ

ヴィッキーチャオの現在!結婚した夫や娘~日本との関係など総まとめ

江宏傑と福原愛の結婚と馴れ初め・子供・浮気の噂と真相も紹介【画像多数】

香港歌手フェイウォン(王菲)の現在!娘(長女/次女)と元旦那・結婚歴と離婚歴も総まとめ

江宏傑が高身長でイケメンすぎる!かっこいい画像やプロフィール【福原愛の旦那】

アンジェラベイビーの目や鼻の整形&二重メイク方法!昔の画像も公開

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

韓国芸能人&アイドルのタトゥー20選!男性も女性も入れている【画像付き】

dTVの韓国ドラマおすすめ30選~人気ランキングをジャンル別で紹介【2020最新版】

韓国女優チョンソミンのドラマ&映画一覧おすすめランキング7選【2020最新版】

Sechs Kiesのメンバー人気順TOP5!プロフィールと見分け方も紹介【2020最新版】

韓国人男性アイドルの刈り上げの髪型!似合う人ランキングTOP8【2020最新版】

ロンモンロウ(栗子)はガッキーに似てない?顔の整形疑惑も検証【中国出身モデル】

韓流・K-POPファン向けアプリおすすめランキングTOP18【2020最新版】

韓国のお土産おすすめ人気ランキング50選!ジャンル別に紹介【2020最新版】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

上海ディズニーランドのお土産人気ランキング30!キャラグッズ・雑貨・お菓子・ファッションアイテムを徹底紹介【最新版】

アグネスチョウ(周庭)の現在!経歴や大学・逮捕2回・日本語レベル・最新情報も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す